森永栄悦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森永 栄悦森永 榮悦、もりなが ひでよし[1]1925年[2] - 2001年[3])は、政治活動家。元日本社会党中央執行委員。

概略[編集]

満州国陸軍軍官学校出身[4]。復員後、日本社会党に入党。左派社会党(左社)の本部書記、組織部次長、統一社会党の本部書記を経て[5]、専従中央執行委員。労働部長[6]、組織部長、国民運動局長、機関紙局長、総務局長、組織局長、企画調査局長を歴任。加藤宣幸貴島正道とともに、江田三郎の下で「構革三羽烏」の1人として活躍。「江田派三羽烏」とも呼ばれる。江田の離党後は政権構想研究会に所属。1986年社会党本部を退職[3]

脚注[編集]

  1. 岡田一郎『革新自治体――熱狂と挫折に何を学ぶか』中公新書、2016年、35頁
  2. 木下真志「社会党はなぜ,構造改革を採用できなかったのか?:―歴史的・政治的意味の再考―」『日本政治學會年報政治學』59(1)、2008年
  3. 3.0 3.1 浜谷惇「証言 : 戦後社会党・総評史 政権と社会党 : 1980~90年代の政策審議会 : 浜谷惇氏に聞く」『大原社会問題研究所雑誌』(709)、2017年
  4. 高見圭司「証言:戦後社会党・総評史 日本社会党青年部再考 : 『NO! 9条改憲・人権破壊』(明石書店,2007年)をもとに : 高見圭司氏に聞く(上)」『大原社会問題研究所雑誌』(680)、2015年
  5. 山口二郎、石川真澄編『日本社会党――戦後革新の思想と行動』日本経済評論社、2003年、54頁
  6. 政治家の人間力 若い人は問題意識をもってほしいと願う  山岸 章