朝鮮民主主義人民共和国原油工業省

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原油工業省1992年式:WonyuKongŏpSŏng/:원유공업성)は、朝鮮民主主義人民共和国の中央行政機関。原油や石油の輸出入・管理・開発を司る。

朝鮮民主主義人民共和国
原油工業省
朝鮮民主主義人民共和国の国章(2代目).png
各種表記
ハングル원유공업성
漢字原油工業省
発音ウォニュコンオプ-ソン
日本語読み:げんゆこうぎょうしょう
英語WonyuKongop-Sung
Ministry of Curde oil industry

概要[編集]

原油工業省は朝鮮民主主義人民共和国の内閣に所属する中央行政機関のひとつで、2003年12月に内閣原油工業総局から昇格して発足した、軽工業省などの古くからある省と比較しても新しい省である。主な業務は、石油と原油の資源開発・用途開発、輸出入・動力エネルギーとしての管理などにかかる事務を管轄する。ただし、石炭やエネルギーとなった後の電気は、石炭工業省電力工業省の担当である。

沿革[編集]

  • 2003年12月:内閣原油工業総局から昇格・設置

歴代相・副相[編集]

歴代相[編集]

歴代副相[編集]


歴代副副相[編集]


関連項目[編集]