教派神道連合会

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

教派神道連合会(きょうはしんとうれんごうかい)は、教派神道の連合組織。略称は教派連[1]。「各教派の親密なる提携により、神道教化の活発な展開を図り、道義に基づく文化日本の建設に寄与し、世界平和の確立に貢献すること」を目的とし、日本仏教会・日本キリスト教連合会・神社本庁新日本宗教団体連合会・日本宗教連盟と協力して活動を行っている[2]。青年組織として教派神道連合会青年会議をもつ[1]。2017年2月現在、出雲大社教大本御嶽教黒住教金光教實行教神習教神道修成派神道大教神理教扶桑教禊教の12教派が加盟している[2]

歴史[編集]

1895年明治28年)に出雲大社教、黒住教、御嶽教、實行教、神習教、神道大成教、扶桑教、神宮教(後の財団法人神宮奉斎会)の8教派が参加し「教派神道連合会」の前身である「神道同志会」を結成した[3]。教団同士の親睦と渉外機関としての役割を目的とする[2]1899年(明治32年)に神道本局(神道大教)、神理教、禊教が加盟し「神道懇話会」と改称し、更に1912年(明治45年)に金光教、神道修成派、天理教が加盟し13派の形が整い「神道各教派連合会」と改称する[3]1934年昭和9年)に現名称となる[3]

1956年(昭和31年)に大本が加盟[3]1970年(昭和45年)に天理教が退会[3]1976年(昭和51年)に神道大成教が退会[3]。また1959年(昭和34年)に神習教が退会、1994年平成6年)に復帰している[4]

1991年(平成3年)に青年組織として「教派神道連合青年会議」が結成され、1996年(平成8年)に「教派神道連合会青年会議」に名称を変更した[4]

1995年(平成7年)には、結成100周年を迎え「教派神道連合会結成百周年記念式典」が開催された[5]。禊教、神道大教、實行教、金光教、黒住教、扶桑教、御嶽教、神理教、大本、神習教、神道修成派、出雲大社教の12教派に加え、天理教、神道大成教の管長も出席した[5]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 教派神道連合会. 日本宗教連盟. 2017年2月26日閲覧.
  2. 2.0 2.1 2.2 What's 教派連?. 教派神道連合会. 2017年2月26日閲覧.
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 『いのりとつどいー教派神道連合会結成百周年記念史』教派神道連合会、1996年。10-12頁。
  4. 4.0 4.1 井上順孝編『現代宗教事典』弘文堂、2005年。116頁。
  5. 5.0 5.1 “結成100周年の記念式典”. 産経新聞. (1995年9月5日 

外部リンク[編集]