循環バス

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
市内循環から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

循環バス(じゅんかんばす)は、環状ルートで始発バス停から同じバス停に戻る運行形態を取るバスである。

運行形態[編集]

  • 双循環 - 内回り(右回り)、外回り(左回り)共に運行される形態。
  • 片循環 - 特定の方向しか循環しない形態。この場合、循環しない方向は遠廻りになる。
  • 部分循環 - 一部区間のみ片循環の運行形態を取り、他の区間は双方向の直線ルートを取る形態。

運行実態[編集]

市内循環[編集]

市内循環(しないじゅんかん)は、都市部で、市街地や中心部を環状ルートでバス事業者が自主運行するバス

主な市内循環[編集]

コミュニティバス[編集]

市町村主体でバス事業者に委託運行するコミュニティバスは循環バスが多い。
理由としては以下が挙げられる。

  • 持ち出し費用の最小化
  • 運行車両の最少化
  • バス停留所を多くの地域に配置する。

地域によっては、巡回バスと呼ばれている。

関連項目[編集]