岩波文庫

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩波文庫(いわなみぶんこ)は岩波書店が1927年7月10日創刊し現在にいたる文庫。

概要[編集]

装丁は平福百穂、巻頭言は三木清が原案を書き岩波茂雄が執筆した。書籍の大量出版が可能になったことで、各出版社が大量出版に乗り出す中、岩波書店として大量出版に対応するための大型企画であった[1]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


その他[編集]

  • タイトルのつけ方がまれに不自然な場合がある。(例:「ツァラトゥストラはこう言った」)
  • 資本論の翻訳が大月書店の資本論と比較すると難解で、岩波文庫の資本論は途中で断念するものが多い。読みやすくて分かりやすい大月書店の資本論は高価でプロレタリアートにとってハードルが高く、マルクス主義の布教活動としては失敗している。
  • かつては日本書紀古事記を安価で入手するのは岩波文庫しかあり得なかった。
  • 田舎の書店では取り扱っていない。
  • 表紙カバーがパラフィン紙だった。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


出典・引用[編集]

脚注[編集]