宮瀬富之

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
みやせ とみゆき
宮瀬 富之
国籍日本国旗.png日本
本名宮瀬 富夫
誕生日1941年10月4日(77歳)
出生地京都府
芸術分野彫塑
受賞作#来歴参照
師匠とか松田尚之

宮瀬 富之(みやせ とみゆき、1941年昭和16年)10月4日 - )は、日本彫刻家。本名は宮瀬富夫。金沢工芸大学彫刻専攻を卒業。

来歴[編集]

  • 1942年(昭和16年)10月4日に生まれる。日本芸術院会員松田尚之に師事した。
  • 1967年(昭和42年)「ポーズする女」が日展に入選、その後1972年(昭和47年)「水たまり」が日彫展の日彫賞を受賞。
  • 1973年(昭和48年)「風のよそおい」が日展特選を受賞。
  • 1974年「風の中を」が日展特選を受賞。2年連続で日展特選を受賞する快挙をなし遂げる。
  • 1984年(昭和59年)大阪成蹊女子短期大学の教授に就任。
  • 1985年(昭和60年) 第15回日彫展  北村西望賞 『早く来ないかなぁ』
  • 1999年(平成11年)金沢美術工芸大学の美術工芸学部彫刻選考教授、修士博士課程教授に就任。
  • 2002年(平成14年)幻の展覧会と呼ばれる甲子園の感動14年を開催。
  • 2004年(平成19年)大阪成蹊大学にて学長理事に就任。
  • 2005年(平成17年)第37回日展に出品した「はんなりと石庭に」が内閣総理大臣賞を受賞。
  • 2006年(平成18年) 第19回京都美術文化賞
  • 2009年(平成20年)第40回日展に出品した「源氏物語絵巻に想う」が日本芸術院賞を受賞。
  • 2013年(平成25年)日展理事。
  • 2014年(平成26年)には東京都葛飾区柴又にある山田洋次ミュージアムで来場者400万人達成式典に合わせて設置された山田洋次監督の胸像を作成した。
  • 2018年(平成30年)日展理事


人々の心を釘づけにした幻の展覧会「甲子園の感動14年」[編集]

現在でも”幻”と呼ばれる理由[編集]

1988年から14年間、毎年1作品ずつ甲子園球児達をテーマに作品を発表。

2002年(平成14年)3月25日~4月4日にかけて、その作品を一同に集めた展覧会がNHK大阪放送局内アトリウムにて開催。

11日間の開催期間にて、来場者数はおよそ12万人。

NHK大阪放送局が旧社屋から新社屋に移るタイミングを利用し旧社屋の一階アトリウムにて開催。

展覧会の会場としてNHK大阪放送局内が利用されたのは、これが最初。それ以降もNHK大阪放送局内で展覧会が行われた事は一度もない。

甲子園球児たちの魅力[編集]

この展覧会は「敗者は感情豊かで、敗れの美学、魅力がある」と敗者に焦点をあてた物が中心となっている。厳しい練習に耐えた高校球児達が熾烈な地区予選をくぐりぬけて来なかった学校は一つしてない。

しかし、それでもなお試合終了の瞬間には、勝者と敗者する。優勝した一校の他は、みな敗北の涙を知る。宮瀬富之氏は敗北しながら微笑んだある球児の姿に、彼らを動かす力とは「夢を現実にする」希望の力ではないだろうかと感じ作品を制作し始める。

発表された作品のタイトル一覧[編集]

  • 1988年(昭和63年) - 友に負けて帰った日
  • 1989年(平成元年) - いま青春の輝き
  • 1990年(平成2年) - 三振、夕陽の中の青春
  • 1991年(平成3年) - 夕陽の沈むサヨナラの一球
  • 1992年(平成4年) - 青春の謳歌をつづった君に栄光あれ
  • 1993年(平成5年) - けど・よかったやないか
  • 1994年(平成6年) - 甲子園からのメッセージ
  • 1995年(平成7年) - 泪の準決勝・ふる里を想いて
  • 1996年(平成8年) - 栄光は君に輝け
  • 1997年(平成9年) - 光と影と
  • 1998年(平成10年) - フレーフレー
  • 1999年(平成11年) - 歓喜、そして燃え尽きた夏
  • 2000年(平成12年) - 浜風の季憶の中で
  • 2001年(平成13年) - 勝利の日・鴬の思い出


毎年日展に出品される、「高校野球シリーズ」は口コミで徐々に人気が広がり、 第74回選抜高校野球選手権大会開催とBSデジタルハイビジョン受信公開と同時並行で展覧会が行われ、 全試合で次の試合が開始されるまでの合間のコーナーですべての作品が紹介された。

特に人気が高かった作品は「友に負けて帰った日」と「けど・ようやったやないか」で、経営者や学校関係者や介護の関係者などいろいろな職業の人々の心の胸を打った。 みな誰もが失敗から学び、敗れて敗者になってから成功して、当時のことを想い出したと涙する人が数多くいたのである。

それを裏ずける出来事として展覧会を訪れた鑑賞者の方には今までの作品のハガキを持ちながら一つ一つご覧になられた方がいたり、子供の教育の教材として使いたいと 教員の先生がまとめてパンフが欲しいと言った数多くの逸話が残っている。 ちなみに「フレーフレー」以外の作品のモデルはすべて高校球児(京都私立東山高等学校)である。

また最後の最後まで人生はわからない、最後にはみんな勝って欲しいと言う思いから、「勝利の日・鴬の思い出」のみは勝者の作品になっており、鴬は甲子園の鴬をイメージしている。


世界で唯一無二の作風を生み出す「Miyasetouch」[編集]

具象、半具象、抽象のすべての作品の醸し出される魅力と色は独特の技法が特徴。

彼しか出せない作風を「Miyasetouch」呼ばれます。 「Miyasetouch」があるからこそ、響くのです。

Miyasetouchの渾身の一作がグーグルマップのポイントになっている、京都の「巨大な輝き」の像である。

とにかくタイトル通りの巨大な像でその迫力は圧巻の一言に尽きます。 デッサン通りに基本の軸が一切ぶれていないので、 半抽象の難しいジャンルもこなせる彫刻家は日本、いや世界にも数人しかいないのではないでしょうか。

もともとは京都市三大事業の一環として、琵琶湖の水を京都に通す疎水事業を開通させることで、 明治に遷都があり首都が東京に移り、今までの首都京都が衰退していく中、 当時の先人たちの知恵と苦労と多くの犠牲があるからこそ、今の私たちに恩恵があるのでしょう。

また巨大な手には輝きがあり、一定の方向に向かって大きな手が何かを暗示させているようです。 この像にはそんな何かを感じさせてくれる力があるのかも知れません。

その証拠に日本人のみならず外国人の観光客たちもこの巨大な輝きと同じポーズにしてインスタグラムに載せています。

ちなみに夜はライトアップをしています。

・「黒田博樹」胸像 2015年 ・「村田諒太」胸像 2018年

制作物[編集]

作品名製作年備考
「全国女子駅伝 皇后盃」1989年(平成元年)西京極総合運動公園正面玄関前
「青春の軌跡」1989年(平成元年)西京極総合運動公園野球場北側
「麦藁帽子と少女」1993年(平成5年)京都府立植物園中庭
「源氏物語絵巻に想う」2009年(平成20年)平成20年度(第65回)日本芸術院賞 / 日本芸術院蔵
「山田洋次監督」胸像2014年(平成26年)山田洋次ミュージアム入り口
「巨大な輝き」不明琵琶湖疎水記念館

外部リンク[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク