大正天皇祭

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大正天皇祭(たいしょうてんのうさい)とは、かつて12月25日に存在した日本国民の休日である。

概要[編集]

大正15年(1926年)12月25日、大正天皇が崩御し、昭和天皇即位して昭和改元される。昭和2年(1927年)12月25日、前年に死去した大正天皇の命日がこの日から「大正天皇祭」として新しい休日に指定された。命日がクリスマスと重なったため、日本でクリスマスを祝う習慣の定着が進む要因にもなった。

戦後の昭和23年(1948年)に国民の祝日に関する法律により廃止された。