大国魂神社

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大国魂神社(おおくにたまじんじゃ)は、東京都府中市宮町にある神社で、武蔵国の総社東京五社の一社。福神・縁結び・厄除け・厄払いの神として知られている。例大祭の「くらやみ祭」は関東三大奇祭の一つである。「大國魂神社」とも表記。

沿革[編集]

  • 111年(景行天皇41年)5月5日、大神の託宣によって創立
  • 645年頃、武蔵の国府を置き、大国魂神社を国衙の斎場とした。武蔵惣社と称する。
  • 1062年(康平5年)、源将軍頼義、奥州安倍貞任を追伐のため、東国へ下りし時、6月19日当社へ一宿して戦功を祈り、翌日彼地をさして發向す。
  • 1182年8月11日、源頼朝が葛西三郎清重を使節として、正室政子の安産祈願を行う。
  • 1186年、頼朝は武蔵守義信を奉行として社殿を造営する。
  • 1590年8月、徳川家康は社領五百石を寄進した。
  • 1646年(正保3年)10月、類焼により社殿は焼失した。
  • 1667年(寛文7年)、将軍家綱の命により、久世大和守広之が社殿を造営(現在に至る)。
  • 1868年(明治元年)、准勅祭社となる。
  • 1874年(明治7年)、県社に列する。
  • 1885年(明治18年)、官幣小社に列する。

基本事項[編集]

  • 名称: 大国魂神社
  • 創建: (伝)111年(第12代景行天皇41年)
  • 所在地: 〒183-0023 東京都府中市宮町3-1
  • 交通:京王線府中駅南口から徒歩5分、JR南武線・武蔵野線府中本町駅から徒歩5分
  • 御祭神
    • 大國魂大神:主祭神。大国主神と同神。
    • 小野大神:小野神社
    • 小河大神:二宮神社
    • 氷川大神:氷川神社
    • 秩父大神: 秩父神社
    • 金佐奈大神:金鑚神社
    • 杉山大神: 杉山神社
    • 御霊大神
    • 国内諸神
      • 稲荷神社、宮之咩神社、松尾神社、巽神社、東照宮、住吉神社、大鳥神社、水神社
    • 例大祭: くらやみ祭 - 東京都指定無形民俗文化財
  • 祭り:
    • 3月:氷雨祭、春季祭、稲荷神社例祭、春季皇霊祭遥拝式
    • 4月: 巽神社例祭
    • 6月: 東照宮例祭、 夏至祭、大祓式
  • 7月: 宮乃咩神社例祭、青袖祭、杉舞祭、すもも祭
  • 8月: 八朔相撲祭、風祭、国府八幡宮例祭
  • 9月: 松尾神社例祭、秋季皇霊祭遥拝式、忠魂碑慰霊祭、秋季祭くり祭
  • 10月: 住吉神社例祭、神嘗祭遥拝式・神嘗奉祝祭、軍艦多摩戦歿者慰霊祭

注・参考文献[編集]