国構協会

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

国構協会(こっこうきょうかい)とは、日本で創設された自治協会、宗教や民族、文化を隔てることなく永久不変の地球国家建設を目的として作られた。活動内容は比較宗教学、経済学、政治学、法学など社会科学系から環境学、感染病理学、植物生物学といった生命科学系などの研究である。発展途上国などにおける人民教化プログラム、公衆衛生管理、整備ボランティア、人民間の宗教的民族的紛争の解決促進プログラムなどがある。附属機関:河野科学研究所、ニューヨーク支部、東南アジアマレーシア支部、中東イスラエル支部、アフリカ地域南アフリカ支部、ブラジル北部支部。この団体は法人や財団ではなく友愛団体として活動している。ただし研究や論文は一般公開されていない。各国から各分野に長けた才能を持つ若者たちが多く招かれ、世界平和構築の為に活動している。ボランティアに近い活動なので、本職員として採用されるわけでない。会員の殆どがキリスト教、イスラム教、仏教、ユダヤ教などの諸宗教に信仰している。