信仰

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。

信仰(しんこう、英:Faith)とは、侵攻ではない。

概要[編集]

新港でも進行でも親交でもない。

口語訳だと[編集]

  • 信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである[1]

電網訳だと[編集]

  • 信仰とは、望んでいる事柄についての保証であり、見ていない事柄についての証明です[2]

新改訳だと[編集]

  • 信仰は、望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです[3]

新世界訳だと[編集]

  • 信仰とは、望んでいる事柄に対する保証された期待であり、見えない実態についての明白な論証です[4]
  • 信仰とは、望んでいる事柄が実現するという確信であり、目に見えないものが実在するというはっきりとした証拠を持っていることです[5]
  • Faith is the assured expectation of what is hoped for, the evident demonstration of realities that are not seen[6].

In the case of Bible (King James)[編集]

  • Now faith is the substance of things hoped for, the evidence of things not seen[7].

結論[編集]

  • 信仰の定義が揺らいでいる事に信仰が持てる。
  • 案外断言しない「目に見えないものを確信させるもの」の方が含みがあって意味が分かる気がする[8]
  • でもやっぱり一言で言うと「証拠」が妥当な気がする[9]

脚注[編集]

  1. ヘブル人への手紙(口語訳)11章1節”. ウィキソース (2016年5月6日). 2019年6月3日確認。
  2. ヘブライ人への手紙(電網訳)11章1節”. ウィキソース (2012年7月9日). 2019年6月3日確認。
  3. 昭和53年版 新改訳聖書のヘブル人への手紙 11章1節
  4. 1985年版 新世界訳聖書のヘブライ人への手紙 11章1節
  5. 2019年版 新世界訳聖書のヘブライ人のクリスチャンへの手紙 11章1節
  6. 英語の新世界訳聖書のヘブライ人への手紙 11章1節(いつの版かは不明)
  7. Hebrews11:1(King_James)”. Wikisource (2019年3月9日). 2019年6月3日確認。
  8. 個人の感想です
  9. 個人の感想です

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦コトバンク