ポリバケツ語

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポリバケツ語(ぽりばけつご)は、「5種類の母音が1回ずつ含まれる日本語の単語」のことである[1]完全母音語(かんぜんぼいんご)ともいう。

概要[編集]

ポリバケツ」という単語の母音を書き出すと「OIAEU」となり、日本語の5母音がそれぞれ1回ずつ含んでいることが分かる。このような単語のことをポリバケツ語という。ポリバケツ語は、「コガネムシ」(OAEUI)、「ゴミ捨て場」(OIUEA)、「多国籍」(AOUEI)など日常的に使う単語にも見出すことができる。

ポリバケツ語の定義は「5母音を1つずつ含んでいる単語」であるため、ひらがな5文字であることは必須ではなく、「ん」や「っ」を含んでいる場合も含める場合がある。また、長音を含んでいる場合はその部分は1つの母音と考えることもできるため、「越中大門(えっちゅうだいもん)」も該当する単語であると考えることができる。逆に、実際にはカテーホーと発音する「仮定法(かていほう)」は母音が3種類しか含まれないため、ポリバケツ語に当てはまるかは議論の余地があるだろう。

脚注[編集]

関連項目[編集]