スペース伽耶

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索
株式会社スペース伽耶
画像募集中.png
種類株式会社
本社所在地日本国旗.png日本
151-0051
東京都文京区本郷3-29-10 飯島ビル2F[1]
東京都杉並区高井戸東2-25-9-304[2]
業種情報・通信業
事業内容出版

株式会社 スペース伽耶(スペースかや)は、日本の出版社。

概要[編集]

主に「活動家集団 思想運動」関係の出版を手掛ける。思想運動の機関誌『社会評論』の発行元。「国立国会図書館サーチ」「CiNii Books」で検索した結果では、最初に出版した書籍は2002年12月に刊行した湯地朝雄『戦後文学の出発――野間宏『暗い絵』と大西巨人『精神の氷点』』、安里健『詩的唯物論神髄』である。

主な刊行物[編集]

  • バーマン・アサド『ソ連はなぜ崩壊したのか――英雄的たたかいと苦い敗北』2003年
  • 立野正裕『精神のたたかい――非暴力主義の思想と文学』2007年
  • 武井昭夫『武井昭夫状況論集』1-4、2009-2010年
  • 浅川史『魯迅文学を読む――竹内好『魯迅』の批判的検証』 2010年

所在地[編集]

飯島ビル1Fの小川町企画に「活動家集団 思想運動」と「小川町シネクラブ」の事務所がある。

脚注[編集]