カップヌードル

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カップヌードルとは日清が開発したお湯を入れるだけで食べられるラーメンである。普通のラーメンよりも麺が細薄な場合が多い。浅間山荘事件で機動隊が食べているところがテレビ放送されて有名になった。

一般的には摂氏100度の熱湯を注いで3分間待てば出来上がりであるが、商品によって例外もある。また、3分とは「湯を入れ始めてから」なのか、あるいは「湯を指定量入れ切ってから」なのか、はたまた「湯を入れ蓋を閉めてから」なのか、しばしば論争の的となる。[誰によって?]まあ一般的には「おおよそ3分」で理解されているし、ちょっと待ち時間が前後したくらいで問題にはならない。むしろ好みの麺の硬さを求めてわざと待ち時間を守らない人が出てくる始末である。

関連項目[編集]