オレリ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

オレリ氏とは、エンペディアの創設者とされる、の人物である。

人物[編集]

2012年3月15日が3rdエンペディアにおけるログに残っている最後の編集となっている。ログに残る編集回数は25回で、そのうち24回が標準名前空間、1回がエンペディアトークページとなっている。利用者ページは赤リンクであり削除歴も無い。

ウィキペディアの創設者、ジミー・ウェールズのエンペディア版とも言える重要な人物なのだが、多くが謎に包まれている。エンペディアの設立者という重要人物にもかかわらず、当記事はエンペディアの総記事数が26,000を軽く超えた頃になる2018年11月30日に至るまで作成されなかったことから、その知名度はかなり低いと考えられる。詳しく知っている人は加筆を願う。

エンペディアをよく知らない者にとっては、一見すると最上位スタッフのrxy氏と篠田陽司氏が、ウィキペディアでいうジミー・ウェールズとラリー・サンガーみたいに共同創設者であるのかと考えている人も多いと思われるが、実際にはそうではない。

謎の百科事典もどきと言われるだけあって、創始者もまた謎である。

エンペディア帝国建国者である。

エンペディア以外の百科事典サイトでの活躍[編集]

複数Wikiに跨って活動する利用者であった。同名のアカウントにて2007年から2010年にかけて日本語版ウィキペディアで194回、ヒンディー語版ウィキペディアで1回、ユアペディアで151回[1]の編集が確認出来る。アンサイクロペディアの利用者だった[1]。アンサイクロペディアでの最終投稿は2012年3月6日。現在は閉鎖され確認出来ないが、クレイジーペディアという過疎ペディアにも参加されていたらしい(詳細は当該項目を参照)。

出典[編集]

関連項目[編集]