エベレスト

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアエベレストの項目があります。
P
ピクシブ百科事典のタグ推し達がエベレストを執筆しています。


エベレスト
画像募集中.png
↑ヒマラヤ山脈在住の方、
よろしくオナシャス!
標高8,848 m
所在地ネパールサガルマタ県ソルクンブ郡
中国チベット自治区ティンリ県
山系独立峰
初登頂1953年5月29日

エベレスト(チョモランマ、Everest)は、ユーラシア大陸ヒマラヤ山脈にある山。隆起によって誕生した山の為、噴火はしていない。[1]

概要[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

標高は8,800mにも達し[2]、世界一標高が高い山である。しかし、上には上がいるもので太陽系一高い山[3]火星にあるオリンポス山であり、標高が25,000mもある。[4]また、金星にもエベレストやカンチェンジュンガに匹敵する標高の山が存在している。

頂上に登るべく、沢山の登頂者がいるが沢山の死者を出しているので危険でもある。

関連項目[編集]

余談[編集]

  • 時々「エレベスト」などと間違われることがある。

注釈[編集]

  1. (活火山ではない。)
  2. 富士山の2倍強
  3. 近年ではベスタにあるレアシルヴィアの中央丘の方が有力
  4. 21.9kmともあり、こちらは測り方が違うからである