アフロ・ユーラシア大陸

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アフロ・ユーラシア大陸(アフロ・ユーラシアたいりく)は、アフリカ大陸ユーラシア大陸を合わせた分類できる中で最も大きい大陸

概要[編集]

アフリカ大陸とユーラシア大陸の境目は、スエズ運河になっているものの、元々はつながっていたことから一つの大陸として数えることがある。この場合、南北のアメリカ大陸とオーストラリア大陸以外の大陸のすべてが含まれて世界最大の大陸となる。周囲の島を含める場合には日本も含まれる。

似たような概念に、ヨーロッパに人々がアメリカ大陸の存在を知らなかったころに使われた「旧世界」という言葉がある。

文明[編集]

世界四大文明と呼ばれているメソポタミア文明エジプト文明インダス文明黄河文明は、全てアフロ・ユーラシア大陸において起こっている。