よみもの:がらくたのペナントシミュレーションであそぼう

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search
Smiley.svg よみものページ
この「よみもの」は、Fusianasan1350が作成したものです。
他ユーザーの編集も歓迎いたします。
本のアイコン.png
全文を読むには 約 4 分 29 秒 かかります。(※時間は目安です。)

がらくたのペナントシミュレーションであそびましょう。もしプレイしてるよって方がいたら、ぜひあなた流の攻略法を書き残していただけると嬉しいです。

ここでは最新版の3をもとに説明します。

遊び方[編集]

早い話が実況パワフルプロ野球のペナントやプロ野球チームをつくろう!の簡易版です。あれこれいじくりまわしながら、日本一を目指しましょう。

詳しいことはがらくたのペナントシミュレーション#ゲームの流れを読んでください。

初期チーム解説[編集]

Aチーム[編集]

  • 強力なベテランが多いチームです。左腕エース中岡総一やクローザーのポールマン、打撃に秀でた大島康平香村純、俊足の建部修也と守備名人西尾浩輔が有力な選手でしょうか。皆30歳を過ぎた選手ばかりなので、世代交代に失敗すると高い確率で痛い目を見ます。
  • おすすめ補強選手:千葉拓郎(三)。長い目で見ると宮代庄司より伸びるのはこちら。香村の陰で燻りがちなので、ぜひトレードで活躍の場を与えてみてください。
  • 地雷ポイント:とにかく世代交代を乗り越えられるかに尽きます。

Bチーム[編集]

  • なんといってもゲーム内最強投手近藤雄也の存在が大きい。放っておけば200勝は軽く超えて、球史に名を刻みます。他にも若手有力投手が複数おり、なおかつ朝垣竜平松尾泰造佐賀弘一郎ブライアンの4野手が総合値700超えと隙がありません。
  • おすすめ補強選手:巣鴨隼矢(中)。未来の盗塁王に成長します。ミートを上げれば首位打者や最多安打も充分射程圏内に入り、向こう10年間は後継者の心配はいりません。中堅どころでは長距離砲の鈴木六郎(左)がDHで活躍しそうです。
  • 地雷ポイント
    • 強力なレギュラーとポジションのかぶる有力な選手が複数います。これらの選手をトレードして足りないポジションを補えれば、優勝はそう難しくありません。
    • 準エースの名取大河の制球が低く炎上します。

Cチーム[編集]

  • ご存じお馴染み阪神タイガースがモデルのチームです。先発と中継ぎ、ファーストとセンターに計算できる選手がいて、非常に頼りになります。中でもエースの奥村優斗、核弾頭レゲイラは抜け目のない選手です。
  • おすすめ補強選手:江川陸(三)。総合値は低いですが、何より走力S93がこの選手の売りです。代走で起用すれば、ここぞの場面で足で確実に1点をもぎ取ってくれるでしょう。
  • 地雷ポイント
    • サードが穴。強打の選手を置くべきポジションですが、頼れる人材がいません。トレードするか、能力ダウン覚悟でコンバートを図りましょう。
    • 中継ぎ投手が全体的に高齢で、すぐに衰えてしまいます。

Dチーム[編集]

  • 総合値801のスーパースター、東野宣好が抜群の存在感を誇ります。スコット堂峰彦ミッチェル小笠原武信の4枚看板も安定感抜群で、中継ぎに控える松藤宏和や4番遠藤智也が要所を締めています。
  • おすすめ補強選手:大原幸雄(投)。変化球が低いことが難点ですが、衰え始めたベテランの代わりに充分働いてくれると思います。
  • 地雷ポイント
    • おそらく1番難易度の高いチームです。12球団最低の将来性「55」がそれを物語ります。
    • 若手の先発候補が東祐平くらいしかいません。他は皆30歳近くかそれ以上で、衰えるとまず投壊します。
    • サーフェス青沼秀樹明石一郎は既に峠を過ぎています。特に明石は捕手ながらリードの能力が低く、投壊の一因になります。控え捕手は全員総合値400台で、はっきり言って使い物になりません。
    • 以上より、東野や遠藤が戦力になっているうちに急ピッチで補強を進めなければ、優勝はおろか上位進出すら夢のまた夢です。腕に自信のある上級者向けのチームといえます。

Hチーム[編集]

  • それなりの能力を持つ松沼悌二がFA宣言する可能性があるが、慰留するとなると37才という年齢がネック。補償で金銭をもらう選択肢もある。
  • 前年2位だけあって主力は揃っており、若手にも期待株が多く楽しみが多いチームである。
    • 投手はエース村瀬任三が軸。中継ぎもしばらくは清武康樹―佐賀浩太郎の必勝リレーが鉄板。松沼&ニコラスの両先発はベテランながら高能力だが、頼れる期間は短いであろう。
    • 野手では藤枝信希&山口茂雄が年齢を感じさせない活躍ぶりだが、後釜が頼りなく補強・育成は必須。大砲カーボンは31才と比較的若く、三冠王も狙える打ちっぷりを見せてくれる。
  • 前年ドラ1の明智鳴雅は超高校級で、200勝も狙える。FA宣言されると金銭面でも能力面でも大きな痛手になり得る。
  • 久保田篤志&中堀天馬&吉川久志のセンターラインは将来性抜群。うまく育成して攻守に安定したチームづくりをしたい。捕手は誰が化けてもおかしくない激戦区。投手では真城庸次、百田久利、ハースをうまく育成できれば面白くなる。他球団でプレイするとほぼ確実にハースが初回トライアウトに出没している。
    • ハースは1000を超える堅実な伸びを見せるパターンと800台で伸び悩むパターンに二極化するが、自チームのローテから漏れても毎年他チームに押し付けて爆発を期待してしまう。
  • 磯田夏樹の走力は大きな脅威になる。やや打撃は頼りないが、出塁さえさせれば足でプレッシャーを与えられる。代走に置いておくのは勿体無い。

(随時加筆していきます)