がらくたのペナントシミュレーション

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

がらくたのペナントシミュレーションとはインターネット上で公開されている無料の野球シミュレーションゲームである。 現在は「ペナントシミュレーション3」がプレイでき、不定期に更新されている。

概要[編集]

プロ野球球団の監督になって指揮を執り、ペナントレース優勝や日本一を狙うゲームである。基本的にイラストやBGMはなく、チーム成績と選手成績を見てニヤニヤするのが主な楽しみ方。プレーヤーは選手の獲得と放出、一二軍の入れ替え、個々の試合の采配を行うことができる。早い話、プロ野球チームをつくろう(やきゅつく)シリーズ・実況パワフルプロ野球(パワプロ)のペナントモードと同じ流れだと考えていい。なお、選手と球団はすべて架空である。

ゲームの流れ[編集]

  1. チーム選択
    • A~L(Iはない)の12球団から指揮するチームを選ぶ。強豪球団から暗黒時代の球団まであり、様々な楽しみ方が可能。
  2. 戦力外通告
    • 翌年以降の戦力にならないと判断した選手を放出できる。任意引退の了承もここで。
  3. ペナシミュ2までは、ここで戦力外通告した選手は自動的に引退。
  4. ドラフト会議
    • 新人選手を指名する。現実同様1位指名で競合すると抽選となる。
  5. 監督人事
    • 次年度の監督を選ぶ。「継投」や「盗塁」など、采配のクセが再現されている。なおゲームを進めると引退させた名選手が候補に挙がることもある。
  6. FA交渉
    • FA宣言した選手と契約金交渉を行う。人的補償も再現。制度等は現実に準拠。
  7. トライアウト(ペナシミュ3から)
    • 他球団で戦力外通告になった選手を獲得できる。ここで獲得されなかった選手は自動的に引退。
  8. 新外国人獲得
    • ポジションや能力タイプ、年俸を指定すると条件に合う外国人選手が表示される。試合出場可能人数は現実に準拠。
  9. キャンプ
    • 選手のコンバートや練習指示を出し選手を鍛える場。能力は毎年ここで上下する。
  10. ペナントレース
    • 現実と同じ143試合(2019年現在)を戦う。交流戦もある(3×6=18試合)。
    • シーズン途中に新外国人を獲得したりトレードを行ったりすることも可能。
  11. ポストシーズン(ペナシミュ3から)
  12. 2に戻る
    • パワプロのペナントモードと異なり期限の設定はない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]