Enpedia・トーク:カテゴリの運用方針

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カテゴリ・トーク:カテゴリに置かれていたカテゴリの運用方針を、Enpedia名前空間へ移動しました。以下は元のページ下部にあった編集記録です。--かにふとん (トーク) 2016年6月23日 (木) 19:16 (JST)

カテゴリに関する追加の諸提案[編集]

これはフォーラム:メインページに書くべきだったのだろうか。まあいいや・x・--Nami-ja(凪海) 会話 / 履歴 2016年7月24日 (日) 16:14 (JST)

自分も含めての反省なのですが、脊髄反射的に「このカテゴリがあったら便利なはず!」と短絡してよく考慮せずにカテゴリ分類記事数5個未満の分類カテゴリを連続的に作成してしまい、そのカテゴリへ分類記事を入れるために該当各記事へ対しカテゴリ変更のためだけの細部編集を短時間連続的にHotCat編集を行って回る、という、本来のカテゴリ用途を誤り過剰細分化かつ不要不急のカテゴリ分類のためだけの細部編集が急速に増加しているように思います。そこで以下の提案をしますが、諸氏のご意見をお聞きしたく思います。--Nami-ja(凪海) 会話 / 履歴 2016年7月24日 (日) 16:14 (JST)

  1. HotCatの使用抑止提案
    エンペディアにおけるカテゴリの付記は読者向けに便利な分類一覧表記を提示する意図ではなく、編集者が自分の作成したカテゴリの分類数を増やす意図で行われている事例が多く見受けられ(ウィキペディアで言うところのカテゴリ細分化荒らし)、このような不要不急の版を短時間に増加させる編集行為を継続することによりサーバー負荷を増加させている主原因として「HotCat使用によりカテゴリ関係の付け外しが容易すぎる」と感じます。
    ここはウィキペディアではありませんのでカテゴリ関係の編集時間を短縮せねばならない強い理由がありませんから、荒らしまがいの超絶短時間連続単純編集用途のためだけに利用されるのでしたら明確に「あまり推奨されない行為であること」を明言しておいて良いかと思います。
    と言っても正式にガジェットとして導入されているわけではなく、個々編集者が個人専用javascriptとして導入しているだけですので、「また、カテゴリ関係の編集ではHotCatのようなカテゴリの付け外しのためだけに短時間に集中して連続編集を行えるツールを利用した短時間連続編集行為はあまり推奨されません。通常の加筆修正編集のついでにまとめて行うようにして下さい」とでも一文追加する程度に留まるだけかと思います。
  2. カテゴリ最低分類数増加とカテゴリ新規作成提案場所追加の提案
    こっちが本命。現状の文面ですと「なるべく分類数最低5個」ですが、もう少し強化して「カテゴリの新規作成は提案必須、分類数は(なるべくなら)最低20個以上」「分類5個未満のカテゴリは整理対象」とした方が個人の暴走によるカテゴリ連続作成を抑制出来るのではないかと考えます。誰でも過ちはありますから、ここでは何か短慮を犯した編集者へ強い罰を与えるとか方針として強く戒める、一切作成させない、既に作成された過剰細分化カテゴリは整理して潰す、などという強い縛りとしてではなく、「新規作成には少々手順が必要で、最低限自分以外の他編集者の賛同が必要」「なぜ作成しようと考えたのか、という点を文章として残しログ化する意図」程度の軽い縛りを追加する感じで軽く考えて頂きたく思います。
    Enpedia:カテゴリ新規作成提案のような提案ページを作ってそちらに


  • カテゴリ:1960年生からカテゴリ:1969年生まで10カテゴリ - 1960年年代生まれの人物記事が増加し、カテゴリ:1960年代生まれへの分類数が過剰に多く下位カテゴリ作成が必須と感じるため。カテゴリ新規作成後は分類数として60余記事にカテゴリ変更編集を要するため、こちらのお手伝いもお願いしたく思います。--Nami-ja(凪海) 会話 / 履歴 2016年7月24日 (日) 16:14 (JST)
  • カテゴリ:日本の戦闘機 - 古今東西の日本の戦闘用航空機のうちでも戦闘機は計画、試作、実用機などで多くの機種があり、先行作成しておいても今後の記事数増加により多数の分類が見込めると考えられるため。カテゴリ新規作成後は3記事に対しカテゴリ変更作業を行います。--Nami-ja(凪海) 会話 / 履歴 2016年7月24日 (日) 16:14 (JST)
などという自由な書式で追加して行けばいいのではないかと。元々、カテゴリ分類作業自体が急務になることがあまりない暇人の雑草とり作業でしかありませんから、提案が溢れたり全く賛同意見のつかない提案が長期間残っていても放置していて問題があるような想定がありませんし執筆依頼と同様にまったり進行で良いと思いますし。

以上2提案を提示しました。以下、皆様のご意見を賜りたくよろしくお願い致します。--Nami-ja(凪海) 会話 / 履歴 2016年7月24日 (日) 16:14 (JST)

コメント[編集]

ここにあった別テンプレートに関する記述はテンプレート・トーク:タグへ移動されました。--Nami-ja(凪海) 会話 / 履歴 2016年7月28日 (木) 19:48 (JST)

  • 質問(賛成寄り) 提案の主眼が「既存のカテゴリの細分化」のみに置かれているようですが、「作成予定のカテゴリを赤リンクで挿入しておき、5件に達した時点でカテゴリを作成する」行為についてはどうお考えでしょうか。--かにふとん (トーク) 2016年7月24日 (日) 17:02 (JST)
    • 回答 質問の意図が図りかねます。この提案は上記をお読みになってお分かりの通り「短期間で連続的に作成する行為を予防する措置」という目的を達成しようとするための提案ですから、ご質問のような作成方法を問題と感じるならばかにふとんさん自身の手に依り別途提案為されるべき案件ではないかと考えております。◆少なくとも、当該提案提出者である私の提案内容とは全く別の、「当該提案を読んだかにふとんさんが連想した(利用者のカテゴリ作成という大別の中に含まれ得るのみの)別種の問題」であると考え、此の場で別種提案の是非を問うのではなく、別途別節にて別議論として進めた方が速やかに進展が得られるかと思いますので、私が此の場で回答しそのご質問内容についてをも私の責の上で議論を進める必要性が高いようには思えません。--Nami-ja(凪海) 会話 / 履歴 2016年7月28日 (木) 19:48 (JST)
      • 私が質問したようなカテゴリ作成方法の場合でも、Enpedia:カテゴリ新規作成提案(仮)を通す必要があるのかどうか、ということを質問したつもりでした。この提案は「短期間で連続的に作成する行為を予防する措置」ですから、カテゴリ作成行為のうち今回問題とされていない方法への影響の有無を確認したいというのが質問の意図です。--かにふとん (トーク) 2016年7月28日 (木) 20:17 (JST)
  • コメント 個人の暴走によるカテゴリ連続作成を防ぐだけなら現状の方針でも注意をするなどはできるような気がしますし、現時点でわざわざカテゴリの新規作成のみ提案必須にする必要性はあまり感じません。個人的にEnpediaにはあまり縛りを入れたくないというのもありますが。--ロイヤルスター (トーク) 2016年7月24日 (日) 19:00 (JST)
  • 反対寄り : Enpedia に「馴染まない」と思うのです。基本は各人が好き勝手にやればいいと思うのです。ただ、サーバー上困ったことになるなら、私も好き勝手に「利用者単体」や「利用者権限グループごと」などで制限をかけるだけですし。必要なら Enpedia Extended Blocking という独自の Extension にて条件別制限をかけることもありえますし。--rxy (トーク) 2016年7月24日 (日) 20:12 (JST)

報告 ちょっと私事でお盆前くらいから出張不在になりますので、提案者でありながら申し訳ないのですが議論参加が出来なくなることをお知らせしておきます。あとはまぁ心身ストレスもあるのでちょっと今年中のエンペディア復帰は厳しいかもです。--Nami-ja(凪海) 会話 / 履歴 2016年7月30日 (土) 14:00 (JST)

カテゴリチェッカ (試験中)[編集]

カテゴリページの編集中に、自動的に「方針に適合したカテゴリか」をチェックし、表示するコードを追加しました。意見があればどうぞ。(今回のものは方針直接に手を加えていないため、導入後の意見募集です。) --リンゴ (トーク) 2018年9月21日 (金) 21:43 (JST)