出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(みみ)とは、動物の感覚器官の一つである。

概要[編集]

音を聞き取るだけでなく、重力の向きと加速度を感じ取る器官でもある。耳を持つ哺乳類は外界の危険を察知する、親とのコミュニケーションを維持・学習するのに耳が大きな役割を果たしているため、産まれた段階で成体に近いレベルまで発達している事が殆ど。

耳が不調を起こすと音が聞き取りにくくなる難聴、平衡感覚が狂うめまい等が起きる。耳の内部に分泌物や老廃物が溜まって出来るものが耳垢で、人間と多くの野生動物は自然に排出される。ただし野生動物でもクジラ類は耳垢が排出されず、死ぬまで溜まり続ける。この溜まった耳垢を耳垢栓と呼び、クジラの年齢を推測する重要な資料の一つとなっている。