西蓮院 (信長の娘)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西蓮院(さいれんいん、生没年不詳)は、安土桃山時代女性織田信長隠し子と伝わる[1]

生涯[編集]

信長の隠し子であるとされ、『尾張志』には永禄年間に信長の娘である西蓮院貞壑淳松大姉のために尾張西蓮寺京都府知恩院の末寺)が建立されたとある。ただこの寺は武田信玄の一族が建立したとも伝えられており、他に伝わる史料も無いので不明な点が多い[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 歴史読本 『信長と26人の子供たち』P141

参考文献[編集]