芝祐靖

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア芝祐靖の項目があります。

芝 祐靖(しば すけやす、昭和10年(1935年8月13日 - 令和元年(2019年7月5日)は、雅楽家(楽家)、日本芸術院会員。伶楽舎音楽監督、国立音楽大学招聘教授。祖父は芝祐夏。父は芸術院会員・芝祐泰で3男。既婚者で長男がいる。

略歴[編集]

東京府出身。宮内庁楽部の楽師(総理府技官)を務めた。退官後、横笛演奏を中心に活動し、雅楽演奏団体・「伶楽舎」を結成し、自ら音楽監督に就任する。長野冬季五輪での開会式では君が代を演奏したことでも知られる。平成29年(2017年)には文化勲章を受章した。

令和元年(2019年)7月5日午前、悪性リンパ腫のため、東京都内の自宅死去した。83歳没。

著書[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • 『復元正倉院楽器のための 敦煌琵琶譜による音楽』伶楽舎 2011年。
  • 『古典雅楽様式による雅楽組曲「呼韓邪單于」 -王昭君悲話-』伶楽舎 2011年。
  • 『幻遥 オーケストラ作品集』日本伝統文化振興財団 2016年。 芝祐靖作曲、十束尚宏指揮、オーケストラ・アンサンブル金沢