美馬寛子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みま ひろこ
美馬 寛子
美馬 寛子
プロフィール
生年月日1986年12月5日
現年齢34歳
出身地日本国旗.png日本徳島県
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重173 cm / kg
活動
ジャンルファッション・グラマー
モデル内容一般
備考ミス・ユニバース・ジャパン2008
他の活動ミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクター
事務所株式会社クラベリア
モデル: テンプレート - カテゴリ


美馬寛子(みま ひろこ、1986年12月5日 - )は、日本の陸上選手。ミス・ユニバース・ジャパン2008としても知られる。

経歴・人物[編集]

1986年12月5日、徳島市に生まれる。

1999年4月1日、徳島市徳島中学校入学[1]。バスケ部に入る[2]。中一の冬、ギラン・バレー症候群と診断され入院。検査のために髄液を採取する注射が痛くて辛かったとSankeiBizの取材に対し語る。退院後も一か月ほど自宅で療養し、復学。ただし体育は見学[3]。バスケ部も見学を余儀なくされるが、学校の教師が「陸上なら個人競技だし、リハビリも兼ねてできるのでは」と陸上を勧める。中二の秋に[2]始めた走り高跳びは大学3年まで続けることとなる[4]

2002年2月11日、大阪城ホール(大阪市中央区)で行われた2002日本ジュニア室内陸上競技大会の「女子中学 走高跳」で11位。記録:1m50[1]

2002年4月1日、徳島県立城南高等学校入学。4月20日、徳島陸上競技カーニバル大会の「高校女子走高跳」で2位。記録:1m56[5]

2003年7月30日、平成15年度全国高等学校総合体育大会の「女子 走高跳」に出場。決勝進出ならず。記録:1m62[6]

2005年4月1日、日本大学文理学部[7]体育学科[2]入学。9月11日、2005全日本学生陸上競技チャンピオンシップの「女子 走高跳 決勝」に残る。棄権[8]。この年、父が事故で他界[2]。2007年頃、祖母が他界[4]

祖母と父の相次ぐ他界を経験して、「普通」は当たり前ではないと気づく。自分のやりたいことを考えていたところ、森理世がミス・ユニバースになったというニュースに触れる。「求めていたのはこれだ!」とミス・ユニバース・ジャパンに応募[4]。ウォーキングやポージング、スピーチの練習などの他、体型維持のためにエクササイズをするが、陸上競技と同じようなエクササイズをしていると筋肉が大きくなって、身体が大きく見えてしまうので不利と判断。陸上とは切り離して、トレーニング方法を考える[9]

2008年4月3日、ミス・ユニバース・ジャパンで優勝、日本を代表して世界大会に出場する資格を得る[7]

2008年7月14日、ベトナムのニャチャンで開催されたミス・ユニバース2008でTop15に残る[10]。大陸別部門賞のBest of Asia受賞[4]。Top10に残れないことが確定した瞬間、「真っ白になっちゃって、他のミスへの拍手ができなかった」。前前年準優勝(知花くらら)、前年優勝(森理世)と、注目を集めている今年の日本代表としてイネス・リグロンやスタッフらにゴメンっていう気持ちしかなかったという[11]

帰国後、大学の部活ではなく事務所に通うようになった[12]

その後[編集]

2018年、株式会社MY groupを設立、ミス・ユニバース・ジャパンの運営権を取得。日本人として初のナショナルディレクターに任命される[13]

2018年9月1日より東京都港区赤坂に「MY beauty school」を開設。メイクやファッション、ウォーキングをはじめ、栄養の知識や内面の魅力を引き出す方法などをテーマに指導を行う[14]

出版[編集]

  • 「美翔◎美馬寛子(ミス・ユニバース・ジャパン)」『陸上競技マガジン』58(7)(ベースボール・マガジン社、2008)
  • LESLIE KEE『月刊ミスユニバースジャパン』<SHINCHO MOOK 129>(新潮社、2010。ISBN:978-4-10-790215-3)※共演:宮坂絵美里、宮崎京、町本絵里

人物[編集]

3歳のとき、徳島県の伝統芸能である阿波踊りを始める[10]

競泳選手の佐藤久佳は、同じ学科の同期である[9]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 女子中学 走高跳 決勝”. jaic.org. 陸上競技インフォメーションセンター. 2021年2月5日確認。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 世界トップ15の美女、美馬寛子の意外な少女時代/インタビュー(1)”. news.livedoor.com2008年8月13日). 2014年4月15日確認。
  3. 加藤聖子 (2019年2月27日). “闘病で気付いた“普通”のありがたさ 元・ミスユニバース日本代表美馬寛子さん(page=1)”. sankeibiz.jp. 2021年2月5日確認。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 加藤聖子 (2019年2月27日). “闘病で気付いた“普通”のありがたさ 元・ミスユニバース日本代表美馬寛子さん(page=2)”. sankeibiz.jp. 2021年2月5日確認。
  5. 徳島陸上競技カーニバル大会”. jaaftokushima.com. 徳島陸上競技協会. 2021年2月5日確認。
  6. 女子 走高跳”. jaaf-nagasaki.net. 一般財団法人長崎陸上競技協会. 2021年2月5日確認。
  7. 7.0 7.1 2008年ミス・ユニバース日本代表は21歳の美馬寛子さん”. oricon.co.jp2008年4月4日). 2021年2月5日確認。
  8. 女子 走高跳 決勝”. iuau.jp. 公益社団法人日本学生陸上競技連合. 2021年2月5日確認。
  9. 9.0 9.1 ミス・ユニバース日本代表、美馬寛子がライバルに勝ったワケ/インタビュー(2)”. news.livedoor.com2008年8月20日). 2021年2月5日確認。
  10. 10.0 10.1 美馬寛子”. clubberia.com. 株式会社クラベリア. 2021年2月5日確認。
  11. ミス・ユニバース日本代表、美馬寛子が「ゴメンね」と泣いた日/インタビュー(3)”. news.livedoor.com2008年8月27日). 2021年2月5日確認。
  12. ミス・ユニバース日本代表、美馬寛子は合コンに行くのか/インタビュー(4)”. news.livedoor.com2008年9月3日). 2021年2月5日確認。
  13. 豊かな人間性・知性・自信に溢れ、社会に前向きな変化をもたらす女性リーダー”. missuniversejapan.jp. 株式会社MY group. 2021年2月6日確認。
  14. 赤坂にミスユニバース日本代表が教える「美」のスクール メイク方法などを直接指導”. akasaka.keizai.biz. 赤坂経済新聞編集部 (2018年9月13日). 2021年2月5日確認。