白タク

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白タク(しろ - )とは、無許可のタクシー営業のことである。日本全国の空港観光地で無許可のタクシー営業が横行しており、近年ではアプリによる配車も盛んに行なわれている。

ただし自家用車を使って客を送迎する行為は日本では道路運送法で国の許可が必要と規定されており、違反すれば3年以下の懲役、または300万円以下の罰金が科される。ただし、客に対する罰則はない。

白タクにはアルコールチェックといった安全面や任意保険の加入などが運転手任せであるため、安全面に大きな問題があるのも事実で、交通事故が起こった際に不利益をこうむるのは客であり、場合によっては泣き寝入りするしかなくなることもある。