畑賀学習会

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

畑賀学習会(はたかがくしゅうかい)は、広島県広島市安芸区畑賀地域にある委員会制の地域教育研究実践団体である。

概要[編集]

地域の有識者による教育研究活動を経て設立された、地域住民と地域法人による委員会制の教育研究実践団体である。正式名称は「ボランティア地域教育活動組織畑賀教育研究委員会」[1][2]。研究教育実践機関として中学生から社会人までを対象とした学習会を持ち、大学と共同で教育研究活動を行い、報告している[3][4][5]。学習会は教育職員免許を有する者のみが講師として従事する実践教育研究学習会である[6][7][8][9]。おそらくは日本で初めてとなる、中学校技術科高等学校各教科との連携実践に地元住民、地元大学らと協力して成功した。現在は、平川義宏の病気により、閉鎖中である。[10][11]

また、ジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN)OBらを擁しての調査ジャーナリズムを持ち、非公開でわからなかった、全国に類例のない組織的な広島県教育委員会の「三ない運動」を追い、その実態を明らかにして問題提起などもしている[12][13]

出典[編集]

  1. 「二条土曜学習会」
  2. 「ボランティア地域教育活動組織畑賀教育研究委員会の組織と分掌」
  3. 原田信一, 平川義宏, 小椋秀一, 安東茂樹「量子型光学センサを用いた計測・制御の題材開発Icons-mini-file acrobat.gif PDF」 、『京都教育大学紀要』第122巻、2013年3月、 73-86頁、2018年3月29日確認。
  4. 日本産業技術教育学会近畿支部 第29回研究発表会(和歌山大学)、C—6「量子型光学センサを用いた計測・制御題材の開発と授業実践」
  5. 原田信一, 小椋秀一, 平川義宏, 谷垣実, 安東茂樹「中学校技術科における放射線測定と記録装置を用いた計測・制御の教材開発Icons-mini-file acrobat.gif PDF」 、『京都教育大学紀要』第125巻、2014年9月、 63-75頁、2018年3月29日確認。
  6. 「畑賀土曜学習会」
  7. 「畑賀学習会」
  8. 「畑賀学習会のいきさつ」
  9. 「中区畑賀学習会」
  10. 平川義宏, 小椋秀一, 安東茂樹「技術科実習題材の製作と頒布による,中学校と高等学校教育の系統的学びと理解度の高まりを求める実践Icons-mini-file acrobat.gif PDF」 、『広島国際学院大学研究報告』第50巻、2017年12月、 9-17頁、 ISSN 1345-38582018年3月29日確認。
  11. 畑賀学習会公式ブログ「「生きる力」の授業中の脱糞行為による」2018-03-10 12:56:45。
  12. 畑賀学習会公式ブログ「広島県における高校生の二輪車免許取得規制について。(まとめ)」2018-03-27 13:38:20。
  13. 畑賀学習会公式ブログ「帰国子女などの既得運転免許の扱いについて。」2018-03-26 14:40:06。

外部リンク[編集]