東急ビンズンガーデンシティ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東急ビンズンガーデンシティは、東急グループが、ベトナムビンズン新都心で開発する大規模ニュータウン。

概要[編集]

ベトナム版「東急多摩田園都市」と呼ばれる東急グループの沿線開発のノウハウを生かした大規模プロジェクト。

東急グループのベカメックス東急が2012年3月から開発する富裕層向けの大規模ニュータウン。街区面積約110ヘクタール、資金12億米ドル。日本企業として、ベトナム最大級のまちづくりとなっている。

公園と一体となったプール付きの高級マンション・ショッピングモール「hikari」・公共交通機関に「ベカメックス東急バス」が運行する「KAZE SHUTTLE」がある。今や、日本でもっとも人気のある住宅地となった東急多摩田園都市のベトナム版として注目されている[1]

外部リンク[編集]

関連リンク[編集]

参考文献[編集]