新風堂書店

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

有限会社新風堂書店(しんぷうどうしょてん)は、奈良県奈良市にある書店[1]

概要[編集]

教育書・児童書を中心に取り扱っている書店。1975年、52歳で脱サラした中田弘とその妻が教育書や児童書を置くため、近鉄奈良駅近くの奈良市西之阪町で始めた[2][3]。店名には「新しい風を古都奈良に吹かせたい」という思いが込められている[3]。1985年頃に息子夫婦の中田純・睦子が引き継ぎ、1990年秋に現在地のならやま大通り沿いに移転した[3][4]。ガラス張りの店舗は約30坪で[3]、親子で絵本を読めるテーブルコーナーがある[5]

絵本に関する相談・紹介に応じている[5]。創業以来、イベント・講座・講演会・原画展・勉強会の開催[4]、年に2回の十津川村での訪問販売を行っており、学校巡回販売や教育研究集会の出張販売は年50日を超える[2]。1998年頃から中田睦子が一人一人に合わせた絵本や書籍を月に1~2冊配本する「パーソナルブッククラブ」(会員制)を開始した。2012年頃の会員数は0歳児から大学生まで160人[2]

いわゆる民主書店であり[6]、2015年に開始された「民主書店『本の特送便』」に参加している[7]。店舗は教育科学研究会(略称・教科研)傘下の「奈良『教育』を読む会」の会場に使われている[8]

アクセス[編集]

  • 所在地:奈良県奈良市右京3-2-2
  • アクセス:近鉄京都線高の原駅」から徒歩15分、駐車場有り
  • 営業時間:10:00~20:00(日曜日・祝日:10:00~19:00)
  • 定休日:水曜日

脚注[編集]

外部リンク[編集]