後漢 (五代)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

後漢(こうかん)は、中国五代十国時代の王朝(947年 - 950年)。建国者は劉知遠で、劉姓であることから国号をとした。 日本では1世紀光武帝が建てた漢も後漢というが(中国では「東漢」という)、光武帝の後漢は「ごかん」、五代の後漢は「こうかん」と音読することでこれを区別している[1]

概要[編集]

創始者の劉知遠は後晋の河東節度使であった。後晋は946年契丹)の太宗に滅ぼされた。

歴代皇帝[編集]

  1. 高祖(劉知遠、在位947年 - 948年
  2. 隠帝(劉承祐、在位948年 - 950年
  • 隠帝の死後、郭威によって擁立された劉贇は、その後、湘陰公に格下げされ、後周が成立したのち殺害されたため後漢の正式な皇帝とされない。

脚注[編集]

  1. 山川出版社(「歴史手帳」「歴史年表」)などでは「五代漢」も使用されている。