平野稜二

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平野 稜二(ひらの りょうじ、1994年/1995年[1] - )は、日本漫画家富山県出身[1]。代表作は『週刊少年ジャンプ』連載の「坊主退魔アクション」作品『BOZEBEATS』。

略歴[編集]

富山高等専門学校に入学[1]。学生時代に漫画を書き始め、同高専の4年生のとき集英社の新人賞に応募した[1]。その後、『少年ジャンプNEXT!!』に読み切り作品が載る[1]長岡科学技術大学卒業後、2016年に『週刊少年ジャンプ』にも読み切り作品『BOZE』が掲載[1]東京でアシスタント経験を積みながら[1]、同作品を発展させ、2018年7号から『BOZEBEATS』の連載を始める[2]

人柄[編集]

担当編集者によれば、若さに見合わない絵の上手さが、連載起用の決め手となったという[1]

魔法少女まどか☆マギカ』のファンであり、ソーシャルゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のユーザーでもある[3]。そのため、BOZEBEATSの主人公の名前が「円鹿環」なのは、『魔法少女まどか☆マギカ』に由来するという意見もある[3]

作品[編集]

超獣GIGA
獣人化する警察官が吸血鬼事件を捜査するという作品。読切。掲載は『少年ジャンプNEXT! 2014 WINTER』。
カラグリラ
明治時代を舞台にしたサイバーパンク作品。読切。掲載は『ジャンプNEXT!! 2015 vol.4』
BOZE
読切。武装した「坊主」が吸血鬼と戦う作品。掲載は『週刊少年ジャンプ』2016年17号。
BOZEBEATS
商業連載作品。『週刊少年ジャンプ』連載。

脚注[編集]

関連項目[編集]