将棋の囲い一覧

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。

将棋の囲い一覧(しょうぎのかこいいちらん)は、著名な将棋の囲いの一覧である。

概要[編集]

古くから指されている将棋は、一定の定跡としての戦法や囲いが確立している。

特に取られると負けとなる王将や玉将は他の守り駒で囲い、簡単には王手がかからないようにする事で、攻め駒は攻めに専念できるようになり攻撃力が増すメリットがあるため、戦形に応じてさまざまな囲いが考案されている。

居飛車[編集]

「玉飛接近すべからず」の格言がある通り、居飛車の場合は玉は飛車と反対側の左辺に囲う事が多い。右玉は例外的に飛車側に囲う。

相居飛車[編集]

カニ囲い
金銀を並べて玉を一路寄るだけの手軽な囲い。相居飛車の戦形で用いられる。手数が少なくて済み、矢倉囲いや雁木囲いへの発展が見込める。急戦の場合はこのまま戦う事もある。
飛車の打ち込みが急所になりやすいので飛車交換は避ける事が多い。
雁木囲い(がんぎがこい)
右四間飛車と組み合わせる事が多い囲い。カニ囲いから発展させて組む事もある。
やはり飛車の打ち込みが急所になりやすいので飛車交換は避ける傾向が多い。
カニ囲いと比べると角筋が一旦止まるのが少し欠点。
菊水矢倉(きくすいやぐら)
若干変則的な矢倉。あまり見ない。
矢倉囲い(やぐらがこい)
相居飛車での伝統的な囲い。手数が掛かるので囲いのみよりは攻めの形も含めた定跡全体で捉えた方が良い。
雀刺しが天敵。相手が端に殺到して来る事を予測して玉が入城しない形も良く用いられる。
矢倉穴熊(やぐらあなぐま)
矢倉囲いを発展させた形の一つ。後述の居飛車穴熊と比べると硬さ優先というよりは手待ちの意味合いが強い。
総矢倉(そうやぐら)
金銀4枚使った矢倉。菱矢倉への発展が見込める。
相手の桂馬により銀の両取りが掛かる位置である事に注意が必要。
菱矢倉(ひしやぐら)
総矢倉の発展形。位を取れるかが組めるかどうかの分かれ目。出現率は低いレア物。

空中戦[編集]

戦闘機によるドッグファイトで用いられる囲いというよりは、横歩取りや相掛かり等の激しい空中戦で使われる囲い。

中住まい(なかずまい)
金を左右に開いた形。大駒の打ち込みの隙が無いのが特徴。
中原囲い(なかはらがこい)
金銀の連携を維持しつつ壁型を回避した、中住まいの改良型。

対振り飛車用[編集]

船囲い(ふながこい)
対振り飛車での居飛車側が用いる事になる基本形。ここからさまざまに発展するが、急戦の場合はこのまま戦う事もある。
左美濃(ひだりみの)
船囲いとの双璧となる基本形。相居飛車でも用いられる事がある。急戦でよく見られる。
天守閣美濃(てんしゅかくみの)
船囲いからの発展形。横からの攻めに強いが上部からの攻めに弱い。
一時期流行ったらしいが、藤井システムに駆逐されたと言われている。
箱入り娘(はこいりむすめ)
船囲いからの発展形ではあるが、後述の居飛車穴熊へ組む前段階として用いられる事が多い。
居飛車穴熊(いびしゃあなぐま)
とても堅い囲い。手数が掛かるので囲う前段階で相手が攻めて来る事が多い。
天敵は藤井システム。
ミレニアム囲い
対藤井システム用に2000年代に登場した囲い。トーチカと呼ばれる事もある。
やはり手数が掛かるのが欠点。あと桂馬が飛んでいる分、端攻めに弱くなる。

振り飛車[編集]

振り飛車は居飛車に比べるとそれ単体では攻撃力に欠ける場合が多い。相手の攻めを利用して攻めこむスタイルが基本になる。

居飛車で囲う時と比べると角がいない分、角筋を気にする必要が無く、囲いのバリエーションは洗練されている。

対居飛車[編集]

早囲い(はやがこい)
3手で組めるのが特徴。でもあまり堅くない。相手が急戦で来た場合への応急処置で組む事がある。
美濃囲い(みのがこい)
振り飛車基本の構え。金銀の連携が美しく横からの攻めに強いとされ好まれており、よく見られる。
そのため攻略法が確立しているため、油断はできない。
端攻めを見越して玉は3筋で停めておく事もある。
ダイヤモンド美濃
金銀4枚を贅沢に使った美濃囲い。左辺が薄くなりがちなのが欠点。
ヒラメ
金を2つ横に並べた形。中飛車と組み合わせて使う事がある。
高美濃囲い(たかみのがこい)
美濃囲いを上部に発展させた囲い。横からの攻めに若干弱くなるが上からの攻めに若干強くなる。
銀冠(ぎんかんむり)
美濃囲いの最終形態。
下段に飛車を打ち込まれると弱いので、桂馬は跳ねない事もある。
穴熊(あなぐま)
端に玉を固めた囲い。ここまで囲ってしまうとあとは攻めるだけなので狙いが分かりやすく、初心者でも扱いやすい。
手数が掛かるので囲う前段階での攻めには弱い。
天敵に地下鉄飛車戦法がある。

相振り飛車[編集]

相振り飛車の定跡は少なく、囲いのバリエーションは少なめ。

金無双(きんむそう)
相振り飛車でオーソドックスな囲い。相振り飛車ではこれか美濃囲いが多い。
右矢倉(みぎやぐら)
上部からの攻めに備えた囲い。あまり見ない。

特殊[編集]

少し特殊で初心者が扱うには少し難しいと思われる形をご紹介。

右玉(みぎぎょく)
飛車側に玉を囲う特殊な構え。
ツノ銀中飛車(つのぎんなかびしゃ)
自陣全体を守る特殊な構え。居飛車穴熊に駆逐されたと言われている。
地下鉄飛車(ちかてつびしゃ)
穴熊への特効薬とも言える構え。左金無双と言えるような囲いが出現する事で知られている。
石田流本組み(いしだりゅうほんぐみ)
飛車も玉も囲う特殊な構え。玉は穴熊にする事もあるが、手数が掛かるのと金銀の連携が途切れ美しくないとされ、もっぱら美濃囲いと組み合わせる事が多い。
鷺宮定跡(さぎのみやじょうせき)
対四間飛車用の居飛車の定跡「鷺宮定跡」に登場する、ピラミッドのような金銀が特徴的な、船囲いからの発展形の囲い。
「鷺宮定跡」とセットで運用する事になる。

関連項目[編集]

Uncyclopedia.pngアンサイクロペディアのゆかいな仲間たちが将棋#囲いの項目を面白おかしく執筆しています。
ニコニコ大百科ではプレミアム会員がお金をかけてまで将棋の囲い一覧の記事を執筆しています。