天敵

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。

天敵(てんてき、英:Natural Enemy)とは、天が与えた敵という意味で、特定の種に対する最大の敵を表している。

概要[編集]

食物連鎖のある自然界では各種個体数の調整で用いられる。特定の種だけが増えすぎないようにバランスを取る役割がある。

特定の種だけが増えた場合、その種の天敵が増えるので、それ以上増えられなくなるという仕組み。

何かの種が大量発生した場合は、大抵その種の天敵が別の要因で減少している場合が多い。

代表的な例[編集]

  • ネズミに対する天敵としてがある。猫が増えるとネズミが減る。猫が減少するとネズミが増える。
  • 猫に対する天敵として自動車がある。自動車が増えると猫が轢かれる。自動車が減少すると野良猫が増える。
  • 自動車に対する天敵として戦車がある。戦車が増えると自動車が轢かれる。戦車が減少すると自動車が増える。
  • 戦車に対する天敵として対戦車ヘリコプターがある。対戦車ヘリコプターが増えると戦車が対戦車ミサイルで撃破される。対戦車ヘリコプターが減少すると戦車が増える。
  • 対戦車ヘリコプターに対する天敵として戦闘機がある。戦闘機が増えると対戦車ヘリコプターが撃墜される。戦闘機が減少すると対戦車ヘリコプターが増える。
  • 戦闘機に対する天敵としてパトリオットがある。パトリオットが増えると戦闘機が対空ミサイルで撃墜される。パトリオットが減少すると戦闘機が増える。
  • パトリオットに対する天敵としては国家機密なのでここまで。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディア天敵の項目があります。