将棋電王戦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

将棋電王戦(しょうぎでんおうせん)は、人間 VS コンピュータ将棋対決。

象徴的な一戦[編集]

特に衝撃的だったのは、第2回電王戦第5局にてプロ棋士の三浦弘行GPS将棋が、プロも良く指す「相矢倉」の戦型で破った事である。

当時の感覚では細過ぎて無理筋とされていた攻めを繋げ、終局まで人間側にはほとんど何もさせないという、一見完封勝ちであった[1]

流石に現役のプロ棋士には勝てないのでは、という意見も一部あっただけに、信じられないような結果となった。

コンピュータには人間の常識が通用しないというか、コンピュータは人間の常識を持ち合わせていないんだな、という事を痛感できた一局であった。

対象の局面[編集]

40手目の△7五歩からの攻めを見事に繋いでいった。

△後手 GPS将棋
持ち駒:なし
▲先手 三浦弘行
持ち駒:なし

脚注[編集]

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ニコニコ大百科 ¦コトバンク