天地創造

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天地創造(てんちそうぞう)とは、1966年アメリカ映画である。

概要[編集]

聖書創世記の中の天地創造から、アブラハムが息子イサクを生け贄にしようとするまでの物語である。

莫大な製作費が掛けられていることは、大人が観ればすぐに分かる。

ストーリーの流れ[編集]

天地の創造

アダムエバの物語

カインとアベルの物語

ノアの箱船

バベルの塔

アブラハムの招命

ソドムの滅亡とロトの物語

「息子イサクを生け贄にせよ」という神からの命令に従おうとするアブラハム。

隠れたストーリー[編集]

アブラハムは神の命令に従い、息子イサクを生け贄にしようとするが、その命令は撤回され、アブラハムは息子の代わりに羊を生け贄にする。しかし、神は後に自分の息子(イエス・キリスト)を生け贄にすることになる。

その他[編集]

ノアの箱船型をしているが、実際には直方体である[1]

あなたは、いとすぎの木で箱舟を造り、箱舟の中にへやを設け、アスファルトでそのうちそとを塗りなさい。その造り方は次のとおりである。すなわち箱舟の長さは三百キュビト、幅は五十キュビト、高さは三十キュビトとし、箱舟に屋根を造り、上へ一キュビトにそれを仕上げ、また箱舟の戸口をその横に設けて、一階と二階と三階のある箱舟を造りなさい。

箱舟の作り方について、ヤハウェ

脚注[編集]

  1. 創世記(口語訳)6章15節”. ウィキソース (2019年11月30日). 2019年12月14日確認。