吉原健二

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉原 健二(よしはら けんじ、1932年昭和7年)[1] - )は、日本の厚生官僚。元厚生事務次官。一般社団法人年金綜合研究所評議員[2]、公益財団法人難病医学研究財団評議員[3]

経歴[編集]

1955年東京大学法学部卒業、厚生省に入省[4]。1959年年金局福祉年金課、1961年大臣官房企画室、1964年三重県出向(64年9月から67年4月民生部厚生課長[5])、1970年大臣秘書官、1971年医務局指導課長、1975年医務局整備課長、1978年金局企画課長、1980年大臣官房審議官、1982年公衆衛生局老人保健部長[6]、1983年8月児童家庭局長、1984年6月年金局長、1986年6月社会保険庁長官、1988年6月厚生事務次官[1]。1990年に退官[4]

1990年11月厚生年金基金連合会(現・企業年金連合会)理事長、1999年2月一般財団法人厚生年金事業振興団理事長[1]。 厚生省を退官後、人口問題審議会、社会保障制度審議会、年金審議会、児童福祉審議会、財政審議会、資金運用審議会等の委員[4]、公益財団法人日本訪問看護振興財団理事長[7]、厚生年金事業振興団顧問[8]、公益財団法人年金シニアプラン総合研究機構評議員、公益財団法人難病医学研究財団理事長を歴任[4]

受賞歴[編集]

  • 1987年、財団法人年金総合研究センター(現・公益財団法人年金シニアプラン総合研究機構)の第2回山口新一郎賞を受賞[9]
  • 2004年4月29日、春の叙勲で瑞宝重光章を受章[10]

人物[編集]

  • 社会学者の富永健一は都立六中(現・東京都立新宿高等学校)以来の旧友[11]
  • 国民年金法制定に向けた厚生省のプロジェクトチームの一員だった。プロジェクトチームの長は小山進次郎[8]
  • 1982年の老人保健法制定に携わった。1990年の高齢者保健福祉推進十カ年戦略(ゴールドプラン)策定時の事務次官[12]
  • 2008年11月18日午後6時半頃、自宅に宅配便を装った男が侵入し、吉原の妻が刺されて重傷を負った。同日午前に元厚生事務次官の山口剛彦とその妻が他殺体で見つかっていた。基礎年金制度を導入した1985年の年金改革で吉原が年金局長、山口が年金課長として中心的な役割を担っていたことや、共に小泉純一郎が厚相であったときに事務次官を務めた共通点などから、テロの可能性があると報道された[13][14]元厚生事務次官宅連続襲撃事件)。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『わが国の公的年金制度――その生い立ちと歩み』 中央法規出版、2004年

共著[編集]

  • 『日本医療保険制度史』 和田勝共著、東洋経済新報社、1999年、増補改訂版2008年
  • 『日本公的年金制度史――戦後七〇年・皆年金半世紀』 畑満共著、中央法規出版、2016年

編著[編集]

  • 『老人保健法の解説』 中央法規出版、1983年
  • 『新年金法――61年金改革解説と資料』 全国社会保険協会連合会、1987年
  • 『日独社会保険政策の回顧と展望――テクノクラートと語る医療と年金の歩み』 幸田正孝、田中耕太郎、土田武史共編著、法研、2011年

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 日本医療保険制度史 (増補改訂版) 紀伊國屋書店
  2. 役員・評議員 一般社団法人年金綜合研究所
  3. 評議員会名簿Icons-mini-file acrobat.gif PDF”. 公益財団法人難病医学研究財団 (2017年6月15日). 2017年10月13日確認。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 日本公的年金制度史―戦後七〇年・皆年金半世紀 紀伊國屋書店
  5. 「2人いずれも三重出向経験 元厚生次官ら殺傷 【名古屋】」『朝日新聞』2008年11月19日付夕刊9面(1社会)
  6. 「年金テロと社保庁リストラ 厚生事務次官宅・連続殺傷事件」『アエラ』2008年12月1日号、73頁
  7. 「看護婦らの充実求める 日本訪問看護振興財団」『朝日新聞』1998年5月27日付夕刊2面(2総)
  8. 8.0 8.1 国民皆保険・皆年金(16)皆年金創設時の「証言」(上) yomiDr.(2013年10月18日)
  9. 山口新一郎賞受賞者の決定についてIcons-mini-file acrobat.gif PDF”. 公益財団法人年金シニアプラン総合研究機構 (2017年6月13日). 2017年10月13日確認。
  10. 「春の叙勲 国内の主な受章者と海外関係分」『朝日新聞』2004年4月29日付朝刊29面(東特集J)
  11. 富永健一『社会変動の中の福祉国家――家族の失敗と国家の新しい機能』中央公論新社(中公新書)、2001年、ⅸ
  12. 「「年金コンビ」標的か 「夫が狙われる」刺され重傷、吉原さん妻 元厚生次官宅襲撃」『朝日新聞』2008年11月19日付朝刊39面(1社会)
  13. 「元厚生次官狙い連続テロか 年金改革進めた2人 山口夫妻殺害、吉原氏の妻重傷」『朝日新聞』2008年11月19日付朝刊1面(1総合)
  14. 「「年金テロ」全情報 山口元事務次官夫妻殺害、吉原元事務次官の妻重傷の衝撃」『週刊朝日』2008年12月5日号、18頁