今上天皇

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今上天皇(きんじょうてんのう)は、現時点で皇位在位中の当代天皇を指す言葉。同義語に「聖上」(せいじょう)、お上(おかみ)、主上(しゅじょう)があり、「上」の文字は天皇の尊貴を称える意味を持つ。本来は「今上陛下」が正式な使い方であり、「今上天皇」はもともとは誤用であった。

トリビア[編集]

  • 「今上」だけなら「きんじょう」「いまのうへ」(いまのうえ)とも読む。
  • 756年(天平勝宝8年)6月21日 (旧暦)正倉院文書東大寺献物帳』に「今上」の使用例が見られるが、当時の天皇は女帝の孝謙天皇であったし、聖武太上天皇は、同年6月に崩御しているため、「今上」が当時の天皇を指しているわけではないようである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]