レイモンド・チョウ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアレイモンド・チョウの項目があります。

レイモンド・チョウChow Man Wai, Raymond1927年10月8日 - 2018年11月2日)は、イギリス香港出身(本籍は広東省潮州)の映画プロデューサーゴールデン・ハーベストの設立に関わり、長く会長を務め、「香港映画の父」と呼ばれた。ブルース・リージャッキー・チェンら多くの名優を育てたことで知られている。

生涯[編集]

香港生まれで、英字メディアの記者などを経て、1950年代に香港の大手映画制作会社・ショウ・ブラザーズに入社する。1970年に独立してレナード・ホーらと共に映画製作会社・ゴールデン・ハーベストを設立する。ブルース・リーを起用したカンフー映画・「ドラゴン危機一発」(1971年)が香港で空前の大ヒットを記録したのをはじめ、「燃えよドラゴン」(1973年)なども日本を含む世界で人気を集め、ブルース・リーを一躍、国際スターに押し上げる。

2007年、ハーベスト社の株を売却して引退した。

2018年11月2日、91歳で死去した。

ジャッキー・チェンはその死にあたり、中国の短文投稿サイトに「どうぞ安らかに、先生の教えと精神を忘れず後の世代に伝えていきます」とコメントした。