ヤプール人

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアヤプール人の項目があります。

ヤプール人とは、『ウルトラマンA』に登場する異次元人。

データ[編集]

概要[編集]

ウルトラマンA』に登場。

ヤプールとも。

ウルトラシリーズでは初の物語を通じての敵キャラクター。

地球生物と宇宙怪獣を合成することが可能な生体兵器の超獣製造機で超獣を作って地球に送り込んで地球侵略を企むきわめて卑劣かつ陰湿な性格をした異次元の支配者。

一人称は「私」、「わし」、「俺」。

トンガリ帽子のような頭、青の体、黄色の模様の外見をしている。

主にリーダー格と共に意識が共有されてるとされる複数の人格で行動している。

エネルギー源は完全に倒すことが不可能であり、人間の負の心を好んで変えたマイナスエネルギー。

ギロン人マザロン人アンチラ星人などの多くの宇宙人、異次元人を配下にしている。

巨大ヤプール[編集]

データ[編集]

  • 別名:異次元超人
  • 身長:50メートル
  • 体重:8万2千トン
  • 出身地:異次元
  • CV:高田裕史

概要[編集]

第23話「逆転! ゾフィ只今参上」に登場。

ウルトラマンAとTACによってこれまでの計画を阻止されたため、自ら地球侵略をしようと動いた全ヤプール人が、異次元空間に侵入したAを倒すために合体・巨大化した姿であり、意識集合体という存在のため、ヤプールが以降の映像作品で登場する際はこの姿での登場が多い。

棘が生えた肩をした赤い体、小型の鎌状の右手をした外見となった。

武器としては鎌状の右手から放つ多彩な光線技。

能力としては炎を発生、空間を自在に操る。

改造巨大ヤプール[編集]

概要[編集]

  • CV:高田裕史

ウルトラマンタロウ』第29話「ベムスター復活! タロウ絶体絶命!」、第30話「逆襲! 怪獣軍団」に登場。

巨大ヤプールの細胞が、残留思念の力で再集結して復活した姿であり、今回は直接戦っておらず、地球侵略を目的のために赤い宇宙船であるヤプール宇宙船に乗って強化改造した改造ベムスター改造サボテンダー改造ベロクロン二世を怪獣軍団の一員として従って地球にやって来た。

怪獣、超獣を出現させることが可能な左手の杖を持っている。

ヤプール老人[編集]

データ[編集]

  • 身長・体重:不明
  • 出身地:異次元
  • 演:大木正司

概要[編集]

第23話「逆転! ゾフィ只今参上」、第24話「見よ! 真夜中の大変身」に登場。

ヤプール人が地球攻撃の第一段階として送り込まれて日本各地で現れ、地球の未来を担う子供を奪って人類を絶滅しようと企み「お前は神を信じなさい、ほれ信じなさい、ほれ信じなさい」という奇怪な歌、末法思想で子供たちを異次元に連れ去って計画に気付いた北斗星司に幻覚を見せて重傷を負わせてAに変身させないようにしていた化身。

女ヤプール[編集]

データ[編集]

  • 身長:164センチメートル
  • 体重:48キログラム
  • 出身地:東京
  • 演:高毬子

概要[編集]

第48話「ベロクロンの復讐」に登場。

北斗が虫歯の治療のために訪れた病院であるQ歯科医の女医に化けており、痛み止めの薬を北斗の歯に詰め込んでカプセルと偽ってベロクロン二世の幻覚を見せるための装置を付けて北斗を精神的に追い詰めてしまったヤプールの生き残り。

本性を現した直後は、顔に白い能面を身に着けているが、素顔は悪魔、般若のような顔をしており、終始も人間体のままであった。

サイモン星人[編集]

データ[編集]

  • 別名:遊牧星人
  • 身長:199センチメートル
  • 体重:80キログラム
  • 出身地:異次元

概要[編集]

第52話「明日のエースは君だ!」に登場。

その正体はAに復讐をしようと企み、かつて自分たちが侵略したひ弱だが友好的な宇宙人であるサイモン星人の子供に化けて地球にやって来てウルトラマンゾフィーウルトラセブンの仮面をかぶっていた子供たちにいじめられていたが、TACに発見されて保護されて北斗に説得されて改心した子供達と友情を育むことで子供たちから優しさを奪ってAを地上から抹殺するために、裏ではジャンボキングを操って街を破壊した同時に子供たちの優しさを利用しようとしてしまったヤプール人の生き残りである。

能力としてはテレパシー、頭から放たれるショック光線。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科