ブルースクリーン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブルースクリーン 英語:Blue Screen) とは、読んで字のごとく青背景のことである。主にPC画面上での致命的なエラー表示状態のことを指す。ちなみに英語圏での通称は「Blue Screen of Death (BSoD)」。

いつから始まったのかは定かではないが、少なくともWindows95時代には既に実装されていたものと推測される。マイクロソフト社のOSでほぼ共通の仕様である。

また、Windows Vistaの初期には、レッドスクリーンなるものが存在した。

なお、当のマイクロソフトは2006年頃、このブルースクリーンをスクリーンセーバーとして採用するという恐ろしくブラックジョークな自虐スクリーンセーバーをWEB上で配布していた[1]

多くのエンジニアがこの画面に本能的な恐怖を感じるとされる。なお「くぁwせdrftgyふじこlp



Technical infomation:

*** STOP: 0x00000000FF (0x00000005.0xFFF555A2016.0xF5483040.0x00000000)

*** FUJIKO.SYS - Address D79G2016 base at F5998000. DateStamp 4096d3cc

Begining dump of phisical memory
Bumping phigical memory to disk: 39


脚注

  1. MS、「ブルースクリーン」を模倣するジョークソフトを自社サイトで提供”. CNET Japan2006年11月17日). 2016年5月20日閲覧。