フルフラットバス

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フルフラットバスとは、車内空間に段差がない次世代型バスである。

誕生の経緯[編集]

ノンステップバスでは初期において、フルフラット構造にし段差がない状態で製造したが価格が高価だったこと、当時の技術面においてはデッドスペースが多い作りであったこと、安全面の保障が難しいことにより2001年に打ち切りとなった。それから後部のみ高くした構造が採用されるようになった。が、段差が生じるようになった。これらの構造は現在も製造中である。2015年頃からフルフラットバスの構想がなされた。エンジンを最小限小さくし、モーターが採用されるなどさらなる環境に適したバスが誕生することになった。

構造[編集]

すでに製造が始まっている所がある。段差を後部までなくす構造である。