ビッグバン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

ビッグ・バンとは、何もないところから宇宙自体が出来たという仮説である。エドウィン・ハッブルが宇宙が膨張していることを天体観測により発見した。宇宙が膨張しているという事は、過去は小さかったことを意味する。もっと過去にさかのぼると宇宙はなかったという結論に至る。つまり、宇宙は無から生じたという仮説に結び付く[1]

概要[編集]

般若心経には『色即是空、空即是色』という一節があり、仏教の世界ではビッグバンは世界観として確立されていた。日本の神話の中でも天地開闢がカオスから一気に天と地が生まれたと伝えられており、西洋では大発見のように言われているが東洋では当然の出来事であると捉えられている。

脚注[編集]

  1. ビッグバン”. JAXA 宇宙情報センター. 2017年1月30日閲覧。