サドカイ派

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サドカイ派とは、ユダヤ教の宗派の一つ。

概要[編集]

一世紀当時はパリサイ派とサドカイ派の2つの派閥が有名だったらしく、新約聖書の福音書の中で何度も出てくる。厳密にはパリサイ派とは違っているため区別されているのだが、イエス・キリストにはよく一緒くたにされていた[1]

特徴としては、復活は無い、天使は居ないという教えがあった事が記録されている[2]

ウィキペディアによると神殿の崩壊と共に滅びたらしく、神殿という形あるものに対してしか信仰を置いていなかったのかと思われる。

脚注[編集]

  1. 「パリサイ人とサドカイ人とのパン種を、よくよく警戒せよ」マタイによる福音書(口語訳)16章6節
  2. 「元来、サドカイ人は、復活とか天使とか霊とかは、いっさい存在しないと言い、パリサイ人は、それらは、みな存在すると主張している。」使徒行伝(口語訳)23章8節

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク