ゴワス

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

ゴワスとは、次の用法で使われる。

  1. 日本の伝統的な語尾。及びそれを使うキャラクターの蔑称。
  2. アニメ『ドラゴンボール超』のキャラクター。

本項では2について語る。


ゴワスとは、ドラゴンボールに登場する架空のキャラクターである。CVは後藤哲夫

概要[編集]

ドラゴンボール超にしか登場しない。第10宇宙の界王神であり、弟子に次期界王神候補のザマスが居る。「神チューブ(YouTubeのパロディと思われる)」が趣味である。黄色の肌を持ち、顔には深い皺が刻まれている。一見厳しい雰囲気を持つ老爺だが、良くも悪くも寛容な性格であり、それが間接的な原因となってザマスが闇堕ちしてしまった。

対となる破壊神ラムーシ

【注意】 以下にはネタバレが含まれています。


ビルスウイスが干渉した本編世界や未来の平行世界では生存しているが、正史ではザマスに殺され、未来世界でもゴクウブラックに始末されている。

また、力の大会編で消滅しているも終了後にあっさりと復活した。

関連項目[編集]