ウィリアム・バー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

ウィリアム・バー(うぃりあむ・ばー、英:William Pelham Barr、1950年5月13日 - )は、1991年から1993年までジョージ・H・W・ブッシュ政権のもとで、司法長官を務めた。2018年12月7日、トランプ大統領により、空席のとなっている[司法長官]]として指名された。共和党員である。

経歴[編集]

父のドナルド・バー、母のマリー・マーガレットの間にニューヨーク市で生まれた。コーパス・クリスティ・スクール及びホレイス・マン・スクールで学ぶ。コロンビア大学で1971年に学士号を得て、中国研究で1973年に修士号を得る。ジョージ・ワシントン大学法科大学院で1977年に法務博士を得る。

1973年から1977年までCIAで働いた。1977年から1978年までマルコム・リチャード・ウィルキー判事、およびコロンビア区控訴裁判所で法務書記として働いた。1982年から1983年までレーガン政権の国内政策スタッフとなった。その後の9年間は、ピルズベリー・ウインスロップ・ショー・ピットマン(Pillsbury Winthrop Shaw Pittman LLP)の弁護士として働いた。

1989年、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領はウィリアム・バーを司法省の司法次官補に任命し、大統領の法律アドバイザーとなった。パナマ侵攻とノリエガ将軍の逮捕について、強力な擁護者として知られる。 1990年、ウィリアム・バーは司法副長官に任命され、司法省に専門的なマネジメントを行ったことで称賛された。1991年10月、ウィリアム・バーは司法長官に指名され、上院の司法委員会の公聴会では民主党・共和党の双方から好評であった。1991年11月16日に就任した。

退任後は15年間企業の役員であった。1994年にはヴァージニア州知事のジョージ・アレンのもとで、刑事司法システムの改革委員会の協同議長を勤めた。 2017年以降、法律事務所カークランド・アンド・エリスに在籍している[1]

2018年12月7日、トランプ大統領はセッションズ長官に後任として、ウィリアム・バーを指名すると発表した[2]

人物[編集]

  • 1990年代には貯蓄貸付組合ローン問題に関して米国司法省を指揮した。
  • 1988年のスコットランドのロッカビーにおけるテロリストによるパンアメリカン航空103便爆破事件では捜査を監督した[3]
  • ジョージ・J・ターウィリガー3世によれば、ウィリアム・バーは政府と民間の40年に渡る高いレベルの経験をもち、運営の優先順位うまく決める視野を持っていると評された。

参考文献・注釈[編集]