アメリカ人

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アメリカ人とは、アメリカ合衆国国民を指す。血統主義ではなく、出生地主義であるため、アメリカ合衆国の領土で生まれれば、国籍に関係なく、アメリカ人になることが出来る。

アメリカ合衆国は、移民国家であるため、国民の出自は雑多であるが、東海岸アングロサクソンで、プロテスタントである者(=WASP)が支配的地位にあるとされる。その他にも、ヒスパニックアフリカ系、中東系、東洋系、ラテン系インディアンなど、さまざまな国民がいるが、低所得に置かれる場合が多い。ドイツ系や北欧系の移民も多く、準ワスプ的な地位にあり、またユダヤ人ニューヨークなどの都市において支配的な地位に就いている者も多い。

一般にアメリカ人は、正義を尊び、力による決着を好み、白黒をはっきりさせようとする二元論の傾向があるとされる。訴訟社会であるのも、争いを好んでのことではなく、紛争の当事者では話し合いが困難なことから、法律家という第三者に、法律という公平な尺度を用いて、公平な決着を期待するのである。

また、アメリカ人はが確立しており、個人主義だと言われるが、マッカーシズムのときは、アメリカ人には珍しく集団心理が働いた。

アメリカ人は、アメリカ本土の国民のみならずハワイ人プエルトリコ人グアム人ならびに、アメリカ合衆国の海外領土の市民などにより構成される。

脚注[編集]

[ヘルプ]