よみもの:とろみの少ないスープ状のカレー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png よみものページ
この「よみもの」は、食事情が執筆したものです。
他ユーザーの編集はご遠慮ください。
(誤字の修正などは歓迎いたします。)

北海道札幌等が発祥とされる所謂スープカレーよりも前の1964年東京都新宿区に在る「モンスナック」がとろみの少ないスープ状のカレーを供し始めた。

家庭内も含め、昭和30年代にはスープ状のサラリとしたカレーが存在していたことの証左になっている。

所謂「スープカレー」は概ね1970年代前半以降からゆっくり広まった類型で、1960年代前半には確実に存在した「とろみの少ないスープ状のカレー」よりも後の時代に登場している事から、両者は別の派生と考えられる。