はやぶさ2

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

はやぶさ2とは、日本小惑星探査機2014年に打ち上げられた。2018年6月から2019年12月まで小惑星リュウグウを探査する。2018年2月には初めてリュウグウを撮影している。前代のはやぶさと基本的な仕組みは同じだが、改良が加えられている。2019年2月22日、最初の着陸に成功した。2019年4月には小惑星表面に人工クレーターを作って地下の岩石を露出させ、7月の着陸で採取に成功したとみられている。

着陸[編集]

初代はやぶさでは小惑星への着陸は1回だけだったが、はやぶさ2では3回着陸し、うち1回は弾丸をぶつけて作った人工のクレーターの中に着陸し、サンプルを採取する。こうすることで、日射などの影響を受けないままの小惑星の姿を知ることができる。太陽系誕生の謎も解き明かせると期待されている。