はじめてのギャル (アニメ)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

はじめてのギャル』は、植野メグルによる日本漫画作品はじめてのギャル』を原作としたアニメ作品

概要[編集]

2016年11月21日にはテレビアニメ化が決定したと発表[1]。2017年7月よりテレビアニメが放送される。原作の単行本第5巻ではオリジナルアニメBD付限定版も発売予定となっている。

原作とは違い、ゆかな以外のヒロインも第1話と早々に登場。ゆかなと恋人になる前に寧音と既に弁当の受け渡しをする仲に戻っている。また、アニメではジュンイチの友人の三人組の名前も早々に発覚している。

ストーリー[編集]

第1話
新学期になって周囲にカップルが次々と出来上がっていく中、羽柴ジュンイチたちの男4人組は彼女ができずに童貞だった。だが、幼馴染の藤ノ木寧音やクラス委員の香椎結衣に話しかけられている様子を見て、友人の男3人組にうらやましがられる。そんな中、4人組は教室でエロ本を読み始めるのだが、その様子を見た八女ゆかなは、ジュンイチをキモイと行ってにらむ。ビビるジュンイチだったが、その後の話でジュンイチがゆかなに告白して童貞卒業にチャレンジする流れになってしまう。
ジュンイチは呼び出されたゆかなを前にして、友人の言葉を真に受けて土下座で告白する。あっけなくキモいといわれてしまうが、土下座の状態で上を見上げるとゆかなのパンツが見えたジュンイチ。パンツを見ていたこともばれてしまい、ゆかなにからかわれてしまうジュンイチ。ジュンイチは輝かしい高校生活が終わってしまったと立ち去ろうとするが、ゆかなに逆壁ドンをされて「付き合おっか、うちら」といわれるのだった。
第2話
ゆかなと付き合うことになったジュンイチ。ゆかなは教室で付き合ったことを宣言して、騒ぎになって、ジュンイチはカラオケにゆかなを誘うことに失敗する。そして、そのまま帰ろうとしたが、ゆかなの方から誘ってきてカラオケに行くこととなる。そこで、坂本らに聞いたカラオケのエッチなことをするカップルの話を思い出してしまってドキドキするジュンイチ。いろいろと気をまわしてくれるゆかなとカラオケを楽しんだりしつつ、ジュンイチはキスをしようと迫ろうとする。だが、鼻毛が出ていることを指摘されて失敗してしまうのだった。
第3話
ラブレターが入っていたジュンイチは呼び出された場所に向かうが、そこには黒ギャルの本城蘭子がいた。蘭子に性的に襲われそうになってポンチに陥ったところにゆかなが現れる。蘭子はゆかなの幼馴染であることが判明。ジュンイチはゆかなと一緒に帰ることにするが、それを見送る蘭子は何やら裏がありそうな顔をするのだった。
蘭子とゆかなとの三人で遊びに行くことにしたジュンイチ。一緒に服を買いに行ったりと楽しく過ごす。夕方、三人はチャラ男に絡まれる。ジュンイチはゆかなを守ろうとチャラ男を止めようとするもなおもチャラ男は迫ってくる。蘭子のおかげでチャラ男は撃退されるも、ジュンイチは一方的にやられた自分が情けないと思いながら家に帰るのだった。
家に帰るとそこには蘭子が待ち構えていた。蘭子は一緒に家に入ってきて迫ってくる。童貞を卒業させてあげると迫ってくる蘭子だったが、ジュンイチはゆかなのことを思い浮かべて耐える。そして誘いを断ると蘭子はゆかなのことを好きであったことが判明。そのまま、ジュンイチがゆかなと結ばれるのを防ごうと迫ってくる。そこにゆかなが浮気をしていると家の中に入ってくる。蘭子はジュンイチが他の男になびかないか試していたとごまかすのだった。そして、蘭子はゆかなに涙を流して謝っている。
翌日、蘭子はジュンイチにゆかなのことを好きということを内緒にするように釘をさす。そんな様子を見ていた香椎結衣は「私以外の子を好きになるなんて」とつぶやきながら陰からにらんでいるのだった。
第4話
ジュンイチがゆかなと付き合ったことが気に入らない結衣。結衣はジュンイチに先生に買い出しを頼まれたという名目で一緒にきてもらう。そして、ジュンイチと二人で過ごすようにする。ある日、お願いがあるということで屋上に連れ出してジュンイチに好きだと言ってゆかなと別れて私と付き合ってと話を切り出す。しかし、ジュンイチはゆかなのことを好きと断られてしまう。そのため、強引にゆかなと別れてもらおうとするも、ゆかながネット配信をしていることを知った蘭子たちによって阻止される。そうして、ジュンイチはゆかなと一緒に帰るのだった。
第5話
朝に起きたらジュンイチ好みになろうとギャルになった幼馴染の寧音が上にのっていた。寧音はそのまま一緒に登校してくる。途中で悪友たちに出くわしたり、結衣に会ったりして教室につく頃には疲れてしまう。そんなジュンイチを見て、週末に一緒に遊びに行こうとゆかなが誘ってくれる。昼にゆかなと蘭子と一緒に食事をしていると、クッキーを作ってきたと寧音がやってくる。そこでゆかなに対抗意識を燃やす寧音は、胸合わせしてくる。蘭子も加わって三人での胸合わせとなり、ジュンイチは目の前の光景に人知れず喜ぶ。寧音はゆかなにジュンイチをたぶらかしているというも、優しく反論されてしまって逃げるのだった。
夜、寧音はジュンイチの家にやってきて裸でジュンイチに迫る。抱いてと迫る寧音に欲望に負けそうになるジュンイチ。だが、ゆかながいるジュンイチはすんでのところで踏みとどまる。ゆかなの悲しむ顔を見たくないというジュンイチに引き下がる寧音。その後、寧音はゆかなよりイケてるギャルになってジュンイチを奪い返すと宣言するのだった。
第6話
ゆかなの家にみんなで集まることになる。そこでみんなが来るまでの間、ゆかなとドキドキの二人きりの時間を過ごす。みんなが集まった後、王様ゲームをすることとなり盛り上がっていく。最後に坂本らはみんなでキスをするように仕向けようとするが、ジュンイチは直前で思いとどまって男子同士のキスという形にしてわが身を犠牲にする。王様ゲーム終了後、今度はみんなで海に遊びに行こうという話になり、みんなで資金を稼ぐためのバイトを始めるのだった。
第7話
海に行くための資金を稼ぐためにアルバイトをすることになったみんな。石田と坂本はとらのあな、稔は保育園でバイトをすることになる。ジュンイチはコスプレ喫茶のキッチンで働くことにするが、そこにはゆかな、蘭子、寧音、結衣の4人もバイトに来ていた。ウエイトレスでバイトをするみんなの傍ら、ジュンイチもバイトをしていく。そんな中、イベントの日に店長はエロラノベをみんなに読ませようとする。そのことに抗議するジュンイチ。結衣の機転もあってイベントは中止となり、バイトを無事に終了することができたのだった。
第8話
みんなで海にきて遊ぶ面々。ジュンイチは海でゆかなたちと水のかけあいっこをしたり、結衣や寧音と砂遊びをして満喫。日焼け止めをゆかなと蘭子に塗るというラッキーイベントもすることとなり、ドキドキの海を過ごす。そんな中で、男三人で遊ぶことになってしまった坂本はお風呂覗きをするための計画を立てる。夜に坂本と石田はお風呂の除くべく、ジュンイチと共に出発する。ジュンイチはお風呂覗きを阻止するために坂本と石田の計画を邪魔しようとするも、失敗して撃退されてしまう、坂本と石田は単独でお風呂覗きのために出発するも数々の罠に失敗してしまうのだった。
倒れているところをゆかなたちに助けられたジュンイチは砂浜で線香花火を一緒にする。ジュンイチはゆかなと今度は二人で遊びに行こうと約束。帰り道、ゆかなと知り合いの謎の男御手洗大が現れるのだった。
第9話
御手洗のことで卑屈になってしまったジュンイチ。そのことでゆかなと喧嘩してしまったジュンイチは、坂本らによってカラオケに行く。そこで明日はゆかなに謝ろうと決意するも、ゆかなが御手洗といるところを目撃してしまって黒い感情が呼び起こされる。そして、ゆかなの気持ちがわからないと卑屈になってゆかなのことを突き放すようなことをいってしまうのだった。
ゆかなのことで、結衣や寧音に相談するも卑屈のままのジュンイチ。ジュンイチと喧嘩してしまったゆかなはみんなに涙ながらに相談する。その涙を見た蘭子は怒ってファミレスにいるジュンイチのもとに行き、胸ぐらをつかむ。そこでジュンイチが自分を受け入れたうえでゆかなと一緒にいたいという気持ちを聞き、最低限の男は見せたと一応の及第点を出す。そこに御手洗が友人たちと店に入ってきて、ゆかなを襲う計画を話しているのを聞き、ジュンイチは御手洗のもとに向かうのだった。
第10話
御手洗に発言を取り消せというジュンイチ。ジュンイチは御手洗と取り巻きたちと喧嘩をするも、卑怯な手段も用いる御手洗にやられそうになってしまう。そこに蘭子と悪友たちが割って入り、ジュンイチはゆかなのもとに向かう。御手洗は蘭子たちの活躍で無事に成敗。ジュンイチはゆかなと会うことができ、本心からの言葉を叫ぶ。そして、仲直りしたジュンイチとゆかなは遊園地でデートをする。最後には初めてのキスをするのだった。

登場人物[編集]

詳しくは「はじめてのギャル#登場人物」や各キャラクターページを参照。

羽柴 ジュンイチ(はしば ジュンイチ)
声 - 浅沼晋太郎 / 富樫美鈴(小学生)
エロジュンイチ
声 - 浅沼晋太郎
善ジュンイチ
声 - 白石稔
ネガジュンイチ
声 - 豊永利行
イケメンジュンイチ / 八女さん命ジュンイチ
声 - 速水奨
八女 ゆかな(やめ ゆかな)
声 - 長久友紀
本城蘭子(ほんじょう らんこ)
声 - 喜多村英梨
香椎結衣(かしい ゆい)
声 - 竹達彩奈
藤ノ木寧音(ふじのき ねね)
声 - 小倉唯
坂本慎平
声 - 豊永利行
石田景吾
声 - 赤羽根健治
小早川稔
声 - 白石稔
上坂歩美
声 - 荒浪和沙
椎名心
声 - 原奈津子
御手洗大
声 - 鈴木達央
アニメ第8話登場。アニメオリジナルキャラ。ゆかなの中学生時代の同級生で、ゆかなを襲おうとしていた。
女子生徒A、B、C
声 - 山田奈都美矢尾幸子八木侑紀
アニメ第1話登場。
男子生徒A、B
声 - 望月英雨澤祐貴
アニメ第1話登場。
店員
声 - 村上聡
アニメ第2話登場。
チャラ男A、B
声 - 八木岳竜門睦月
アニメ第3話登場。
モブA男、モブB男、モブC男
声 - 霧生晃司野津山幸宏梶田大嗣
アニメ第4話登場。
ギャルA、B、C、D
声 - 藤沢実来蝦名彩香大橋歩夕山田奈都美
アニメ第4話登場。
マスター
声 - 荒井勇樹
アニメ第4話登場。
男子生徒
声 - 佐藤剛大
アニメ第6話登場。
男性客A、B、C
声 - 丸山智行越後屋コースケ烏田裕志[2](EDクレジットでは「島田裕志」と書かれているが、おそらく誤記)
アニメ第7話登場。
とらのあな店長
声 - 橋本雅史
アニメ第7話登場。
コスプレ喫茶店長
声 - 宮下栄治
アニメ第7話登場。
園児(女の子)
声 - 八木侑紀
アニメ第7話登場。
セクシーお姉さんA、B
声 - 福田芽衣岩崎愛
アニメ第8話登場。
手前の男
声 - 柏野昌俊
アニメ第8話登場。
幼女
声 - 八木侑紀
アニメ第8話登場。
ナンパ男
声 - 斉藤隼一
アニメ第8話登場。
御手洗友人A〜H
声 - 馬場豊八木岳地蔵竜希竜門睦月露生晃司ロア健治眞壁俊之岩川拓吾
アニメ第9話・第10話登場。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 植野メグル(株式会社KADOKAWA月刊少年エース」連載)
  • 監督・キャラクターデザイン - 古川博之
  • 助監督 - 小川優樹
  • シリーズ構成 - 百瀬祐一郎
  • 色彩設計 - 田中千春
  • プロップデザイン - 佐竹秀幸、西島圭祐
  • 3D監督 - 武田雅由
  • 撮影監督 - 久野利知
  • 編集 - 柳圭介
  • 音響監督 - 大室正勝
  • 音響効果 - 風間結花
  • 音響制作 - グロービジョン
  • 音楽 - やしきん
  • 音楽制作 - MAGES.
  • アニメーション制作 - NAZ
  • 製作 - 「はじギャル」製作委員会

主題歌[編集]

オープニングテーマ「はじめてのSEASON」
作詞 - 桃井はるこ / 作曲 - 中山英二 / 編曲 - 岡本辰平、早川博隆、中山英二 / 歌 - 純情のアフィリア
エンディングテーマ「GAL的LOVE(ギャルチックラブ)」
作詞 - 尾藤琉星 / 作曲 - 志倉千代丸 / 編曲 - 悠木真一 / 歌 - エラバレシ

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 エンドカード 総作監補佐 作画監督補佐
第1話 はじめての土下座 百瀬祐一郎 小川優樹 相浦和也 寺尾憲治、滝川和男 古川博之 桂井よしあき
第2話 はじめてのカラオケ 百瀬祐一郎 久保田雄大 岩永大慈 櫻井拓郎、羽野広範
徳田夢之介
大塚八愛 此ノ木よしる 睦田聡志
第3話 はじめての黒ギャル たかだ誠 吉田英俊 五月女有作 大熊猫、冨永詠二
中村真悟、柳瀬譲二
寺尾憲治 小玉有起
第4話 はじめての清楚ギャル 久慈マサムネ 西野武志 山田卓 代見裕美 大塚八愛 珈琲貴族
第5話 はじめてのパギャル 百瀬祐一郎 西森章 五月女有作
野田泰宏
栗山貴行
徳田夢之介、服部憲知
柳瀬譲二、櫻井拓郎
小峰正頼
寺尾憲治 中田ゆみ(イラスト)
まろっぺ(彩色)
佐竹秀幸、睦田聡志 中村真悟
第6話 はじめての八女さん家 百瀬祐一郎 中山正恵 五月女有作 滝川和男、櫻井拓郎
松岡秀明、吉田和香子
武智敏光
大塚八愛 うかみ 服部一郎
第7話 はじめてのバイト たかだ誠 吉田英俊 小林考志 白川茉莉、松下純子
徳田夢之介、竹内昭
睦田聡志、中村真吾
寺尾憲治 Hisasi 西島圭祐、服部憲知
櫻井拓郎、服部一郎
延原弘治
第8話 はじめての旅行 久慈マサムネ 滝川和男 岩永大慈 阿部弘樹、中澤勇一
中村真悟、睦田聡志
武智敏光、小峰正頼
山内則康、森悦史
吉田和香子、櫻井拓郎
服部一郎、赤尾良太郎
中熊太一、李周鉉
大塚八愛 のぶし(NOB-C) 寺谷瑠宇久、山中陽
西島圭介、山田雄一郎
延原達治
第9話 はじめてのケンカ 百瀬祐一郎 下田久人
三宅寛治
佐々木達也
三宅寛治
代見裕美、佐藤義久
大橋圭
寺尾憲治 古川博之
第10話 はじめての告白 百瀬祐一郎 吉田英俊 竹内崇 谷口繁則、山中陽
武智敏光、西島圭祐
中山正恵、小峰正頼
服部憲治、睦田聡志
中村真悟
大塚八愛 植野メグル 森悦史、櫻井拓郎
山田雄一郎、森美幸
延原浩治、吉山隆二
鍵山亜子、深澤学
金城優、石橋友紀恵
青木真理子、倉川英揚
奥野倫史、雨宮英雄
宮暁秀、鰐淵和彦

放送局[編集]

  • AT-X - 2017年7月12日から放送開始。毎週水曜 23:00 - 23:30放送。
  • TOKYO MX - 2017年7月13日より放送開始。毎週木曜 1:35 - 2:05放送。
  • サンテレビ - 2017年7月13日より放送開始。毎週木曜 2:00 - 2:30放送。
  • 三重テレビ - 2017年7月13日より放送開始。毎週木曜 2:20 - 2:50放送。
  • KBS京都 - 2017年7月14日より放送開始。毎週金曜 1:30 - 2:00放送。
  • 岐阜放送 - 2017年7月14日より放送開始。毎週金曜 1:45 - 2:15放送。
  • BS11 - 2017年7月18日より放送開始。毎週火曜 3:00 - 3:30放送。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]