Lua

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Luaコンピュータ上で動作するプログラミング言語。汎用の手続き型プログラミングをサポートするようデザインされており、オブジェクト指向関数型データ駆動型をサポートしている。

軽快なスクリプト動作を特徴としており、また拡張型プログラミング言語であるため「メインプログラムを持たない」という特徴も併せ持つ。ソースはANCI CC++の共通サブセットで書かれる前提となっており、ライブラリとして実装されている。

これらの特徴により、Luaはホストクライアントから呼び出され、または組み込まれて動作する高速な外部サブスクリプトとして機能する。

Luaはフリーソフトウェアであり、内容については無保証で提供されている。

MediaWiki上で動作する拡張エクステンションのLuaについては「mw:Extension:Scribunto」を、MediaWiki上のScribunto Luaの使い方については「ヘルプ:Lua」を参照

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]