3.1独立運動

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

3.1独立運動(3.1どくりつうんどう)は、この記事の初版が投稿されたちょうど100年前の1919年3月1日朝鮮で始まった日本からの独立運動。

背景[編集]

アメリカ大統領のウッドロー・ウィルソンが提唱した民族自決の原則と、高宗の死去が日本人による毒殺とのデマが広がったことが影響している。

経過[編集]

3月1日14時、京城で宗教家ら33名を中心に、「独立万歳」と叫び始めた。この運動はたちまち全土に広がり、中華人民共和国でも韓国人による暴動が起こるようになった。結局、4月になって47000人もの逮捕者を出してようやく日本軍が鎮圧した。

影響[編集]

韓国ではこの運動が始まった3月1日が独立運動記念日という祝日になった。毎年、大統領が演説を行っている。100周年となった2019年には記念式典が開かれた。