道路交通法

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
道交法から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

道路交通法(どうろこうつうほう)は、道路で発生する危険を防止し円滑な交通を図る日本法律。略称は道交法

概要[編集]

1960年制定。交通安全および円滑のために作られた。

道路を通る際にしなければならないこと(義務)やしてはならないこと(禁止)全般を規定する。

日本国内で少しでも外に出歩いて道路を渡ることがある人やドライブをする人にとっては馴染み深い法律である[要出典]

解説[編集]

移動(人の移動も然り、物の運搬も然り)という行為は日常的に、頻繁に行われるものであり、日常の中でとても重要な行為である。

移動は頻繁に行われる重要な行為なので、安全に移動するのと毎回命の危険を冒しながら移動するのとでは生きやすさが違ってくる。

そこで、移動のために使う「道路」を使う者全員が安全に利用できるように規則が制定された。

エンペディアにおける「長いページ」として[編集]

エンペディアにこのページが作成された2018年11月28日以来、本記事は永らくエンペディア一長いページとして知られていた。最長時には659,333バイトもの記述量を誇っていた。

しかし、「情報源として利用できない」ことで削除対象ではないかと指摘され改稿されたことで、2021年4月29日に-658,578‎バイトもの削減を受けた。その後は金田一少年の事件簿の犯罪者の614,623バイトにその座を譲っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]